【じゃがりこbits】bitsには3つのメリット?カップとの違いを徹底比較!

スポンサーリンク

じゃがりこbits

 

『じゃがりこ』といえばお馴染みのスティックタイプのお菓子。

そんなじゃがりこがパウチタイプでコンビニ限定で発売!

 

商品の名前は

『じゃがりこ bits(ビッツ)』

 

通常のカップタイプの『じゃがりこ』と

パウチタイプの『じゃがりこ bits(ビッツ)』

 

2つを比較して、じゃがりこbitsの特長をご紹介します。

 

 

スポンサーリンク

じゃがりこbitsとじゃがりこ(カップ)の比較

じゃがりこbits

 

じゃがりこbitsと通常のじゃがりこをチーズ味で比較すると、下記の表の通りとなります。

 

じゃがりこbitsじゃがりこ(カップ)
内容量36g58g
カロリー180kcal290kcal
スティック本数42本44本
スティック長さ約4cm約7cm
値段約105円約120円

 

味は同じ。

量・カロリーはbitsの場合は通常のカップタイプの6割程度となります。

 

値段については購入する店舗で異なりますが、スーパー等でカップタイプのじゃがりこを安く買えば、カップタイプのじゃがりこのほうがコスパ的にお得ですね。

 

スポンサーリンク

 

じゃがりこbitsのメリット 1:チャック付きのパッケージが便利!

コスパを考えればカップタイプのじゃがりこのほうがお得!

 

しかし、じゃがりこbitsにもメリットがあります。

 

じゃがりこbits

 

じゃがりこタイプのパッケージはチャック付きの袋!

一度開けても簡単に封をすることができます。

 

「食べ残した分は保管して後で食べたい!」

「会社で食べ残した分を家に持ち帰りたい…」

「バッグの中に入れてちょこちょこ食べたい!」

等、さまざまなシーンにてじゃがりこの味を楽しめます。

 

スタンドタイプにもなっていて立てられるので、保管する場所を取らないのも地味に便利!

 

スポンサーリンク

 

じゃがりこbitsのメリット 2:短めのスティックが食べやすい!

じゃがりこbitsのスティックは短いのが特徴!

 

じゃがりこbits

【スティックの長さ】
じゃがりこbits:約4cm
じゃがりこ(カップ):約7cm

 

「短いと食べても物足りないんじゃ?」

と疑問に思う方もいるかもしれませんが、スティックが短いと食べやすくてイイですよ!

じゃがりこbitsなら大きい口を開けなくても、らく~にパクパクと口に入っちゃいます。

 

スポンサーリンク

 

じゃがりこbitsのメリット 3:食べすぎを抑えてカロリー減!

スティックの本数は、じゃがりこbitsもカップタイプもほぼ一緒です。

 

それぞれの中身を全てお皿に出すと↓の通り。

 

じゃがりこbits

【スティック本数】
じゃがりこbits:42本
じゃがりこ(カップ):44本

 

僕個人のことになっちゃいますが、食事をするときに口に運ぶ回数が極端に短いと、食べた気があまりしないんですよね…。

じゃがりこbitsの場合はカップタイプとスティックの本数が変わらないので、満足感はたっぷり!

 

じゃがりこbits

 

1袋食べた後には

「しっかり全部食べちゃったなぁ~」

と罪悪感に苛まれますが、じゃがりこbitならカップタイプを食べるより摂取カロリーは100kcal近く少ないです。

 

【1袋・1カップ当たりのカロリー】
じゃがりこbits:180kcal
じゃがりこ(カップ):290kcal

 

「カロリーは抑えたいけど、じゃがりこを食べたい!」

と僕のように欲張りな方は、ぜひじゃがりこbitsをどうぞ!

 

スポンサーリンク

 

じゃがりこbitsのメリット・比較のまとめ

じゃがりこbits

以上、じゃがりこbitsのメリットとカップタイプとの比較でした。

 

じゃがりこbitsの特徴を簡単におさらいすると下記の通りです。

・量やカロリーはカップタイプと比べて6割程度!
・量は違えど満足感は負けてない!カロリーを抑えたいときにはbits!
・じゃがりこbitsはコンビニ限定発売なので、スーパーでカップタイプを買うよりは割高かも?

 

じゃがりこbitsは2019年9月現在、『サラダ』『チーズ』の2タイプが全国のコンビニで販売中です。

コンビニへお立ち寄りの際はぜひ、じゃがりこbitsを手に取ってみてはいかがでしょうか!

 

 

コメント