【アニメ感想】何度でも蘇るさ!(デバイス頼み)「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 2話」

スポンサーリンク

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの2話では、たくやがリフレクターデバイスを駆使して、義母・亜由美の為に体を張る!(チンピラから守ってあげる的な意味で)

 

そしてついにあのキャラが本性を現す!

声優の江口 拓也(えぐち たくや)さんって、こういうネタキャラすごく似合うよね…。

 

スポンサーリンク

アニメ この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 2話 あらすじ

 

第2話「並列世界構成原理」

 

昨日体験したばかりの剣ノ岬での出来事は、たくや以外の人物には覚えがなかった。

数回行った実験からも、自分だけが並列世界に移動していることを信じざるをえないたくや。

 

たくやは身内の危機に駆けつけ、自身が身に付けた特殊な力で助けようとするが…。

 

スポンサーリンク

 

不思議な力を手に入れたことを実感するたくや

たくやは過去に父親と会話した並行世界の話を思い出す。
手元の論文に書かれていること、および、自身の行った実験から推測して、自分が並行世界に移動していることを自覚する。

 

前話の終盤からも予想出来た通り、リフレクターデバイスのおかげで並行世界に移動していたたくや。

便利な道具、ゲットだぜ!

まずいことが起こっても、自分の意識が移動する先の並行世界ではなんともない。

これは考えようによっては、色々なことに使えそうですねぇ…。

 

父・広大博士の部屋の掃除

義母の亜由美に父親・広大博士の部屋を掃除するよう頼まれるたくや。
たくやは手伝いを申し出る澪(みお)と、友人の結城 正勝(ゆうき まさかつ)を引き連れて自宅の父親の部屋へ向かう。

 

JKと自宅で二人きり…と思いきや、夢のシチュエーションを自ら崩していくたくや。

たくや、それで本当にいいのか?

 

部屋の片づけをはじめるも、残念ながらたくやがご所望の大人向けの本は見つからなかった模様。

しかし一部開かない引き出しが…その先にたくやが求めているものがあるのでは!?

 

JKが一人ですることと言えば?

たくやの父親・広大の部屋の掃除を終えた3人は剣ノ岬(通商:三角山)へ向かう。
しかし3人が向かった先には、何か作業を行っている波多乃 神奈(はたの かんな)の姿があった。

 

何かをしていたが、具体的に何をしていたかは言わない波多乃。

夕暮れどき、ひと目につかない場所でJKが一人で行うことと言えば…?

 

ダメだ、JKとロクに触れ合ってこなかった自分の経験論からは導きだせねぇ!

気持ちいい潮風に当たっていたのかな(すっとぼけ)

 

スポンサーリンク

 

豊富マジ汚い

たくやは義母の亜由美を職場に迎えにいくが、守衛曰く、リース会社の倉庫に向かったという。
スクーターで移動し目的地の倉庫に着いたたくや。
丁度そのときたくやの耳に、亜由美の怯えたような声が聞こえてきた。

 

義母とはいえまだ若そうな亜由美。

亜由美に詰め寄るのは、見た目がいかにもな男二人。

 

お、おお、この展開は…!?

と思いきや何かが起きるまえに間に合ってしまうたくや、くそぁ!!!!!

と思いきやちょっとだけ乱暴される亜由美さん。

一回だけ巻き戻して見直しちゃいました、一回だけですほんとです。

 

亜由美が乱暴されて激おこぷんぷん丸と化したたくや。

男二人に対して立ち向かう姿、なかなかかっこいいじゃねーか…。

あっさりやられたとしてもその心意気は素晴らしい!

 

でもたとえコテンパンにやられても大丈夫。

そう、リフレクターデバイスがあればね!

 

2回目もコテンパンにやられても大丈夫。

リフレクターデバイスがあれば滅びぬ、何度でも蘇るさ!

 

3回目も…と思ったら、いかにも雑魚そうな亜由美の部下『豊富 秀夫(とよとみ ひでお)』が白い歯をむき出しにして登場。

 

ヤンキーの発言「シナリオ」という言葉。

ヒーローっぽく格好つけて登場する豊富。

 

全視聴者「あっ(察し)」

 

豊臣マジ汚い。

 

スポンサーリンク

 

アニメ この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 2話 感想まとめ

以上、アニメ この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 2話の感想でした。

 

随所で発言するたくやの下ネタギャグもなかなかキレが鋭くていいね!

そしてリフレクターデバイスを理解し、ポチポチ何度も使っちゃうたくや。

そんなに使っちゃって副作用はないんですか?

 

一方、いまだに謎の行動を続ける波多乃。

このキャラ、本当にヒロインなのか…?

 

まだまだ謎は多いけど、豊臣の本性も予想通りで面白かった2話でした。

 

スポンサーリンク

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のゲーム情報

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの原作は、1996年にPC版が発売されたSFアドベンチャーゲーム。

 

その後何度かリメイク版が発売され、2017年にPS4版、PSVita版が発売。

2019年3月に任天堂Switch版も発売され、現在でも手を出しやすくなっています。

 

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のオープニングテーマ『この世の果てで恋を唄う少女(歌:亜咲花)』のシングルCDが2019年4月24日に発売予定!

OP曲:この世の果てで恋を唄う少女
歌手:亜咲花

 

亜咲花(あさか)さんが歌うオープニングテーマ『この世の果てで恋を唄う少女』のCDが2019年4月24日に発売予定です。

 

デジタル版配信は2019年4月2日にTV Size版が配信開始!

 

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のエンディングテーマ『真理の鏡、剣乃ように(歌:鈴木 このみ)』のシングルCDが2019年5月8日に発売予定!

ED曲:真理の鏡、剣乃ように
歌手:鈴木 このみ

 

鈴木このみさんが歌うエンディングテーマ『真理の鏡、剣乃ように』のCDが2019年5月8日に発売予定です。

(アニメ盤、アーティスト盤があり)

 

デジタル版の配信は2019年4月1日にTV Size版が配信開始!

 

コメント