【この音とまれ! 23話 感想】舐めプから本気モードへ移行した姫坂女学院のかずさたち【アニメネタバレ感想・あらすじ】

 

2019年10月からスタートしたアニメ

「この音とまれ!(第2クール)」

 

アニメ この音とまれ!の23話は覚悟を持って演奏に臨む姫坂女学院!

高まった百合パワーは強いぜ!

 

 

スポンサーリンク

アニメ この音とまれ! 23話 あらすじ

第23話「王者の覚悟」

 

10年連続で全国出場の記録を持つ姫坂女学院。

しかし邦楽祭では珀音に負けたということで、姫坂は大会の出場メンバーを選出するも、かずさによくしてくれた先輩は予選のメンバーには選ばれないことが決定してしまう。

かずさは全国では先輩とともに演奏するという負けられない覚悟を持ち、演奏に臨む。

 

スポンサーリンク

 

姫坂女学院の負けられない理由

 

姫坂女学院の生徒たちによる回想シーン。

 

以前の大会にて珀音(はくと)高校に負けた姫坂女学院のかずさたちは、珀音に負けた理由について話し合い。

負けた理由は「珀音のほうが審査員ウケする曲だった」とか「たまだま」だとか、君たち慢心が過ぎるんじゃあないですかねぇ…。

 

しかし一方で「勝って当然という油断があったから」とちゃんと分析出来ている子もいる模様。

 

全国の大会の曲はかなり難しい練習しがいのある曲?と決まり、さらにはこれまでのように全員参加だけでなく、実力のある者だけを選抜して出場する方式に変更。

 

かずさは全国に行きたいという気持ちが強すぎて部の子たちと反発。

気の強そうな子に陰口を叩かれるも、優しそうなほずみ先輩がニッコリしてなだめて、かずさの本気の想いを代弁してくれたことでまぁ収まったって感じかな。

天使か、この先輩。

 

とはいえほずみ先輩の実力はイマイチ。

かずさはほずみ先輩と一緒に居残り練習をするも、ほずみ先輩は予選メンバーには選ばれなかったみたいですね…。

しかも2年の中でほずみだけ選ばれないとか、なにその残酷な現実。

辛すぎんよ…。

 

しかし決まったのは予選のメンバー、全国のメンバーは再び選出予定。

ということでかずさはほずみ先輩のために、何がなんでも全国を目指さなければいけないってことか。

どこの高校にも負けられない理由があるってことなのね…。

 

スポンサーリンク

 

舐めプを止めた姫坂女学院は強い

 

姫坂女学院の演奏がスタート。

姫坂の演奏には愛(ちか)たちだけでなく、審査員の一部もポカーンとしちゃうほど迫力のある演奏。

観客の反応から察するに手の動きがヤバいほど動いてるみたいですね。

ほずみ先輩も顧問の先生と一緒に舞台袖でドキドキしながら見守っている模様。

 

演奏は終盤?

迫力はさらに増してすげぇってことは分かるんですが、なんか聞いててすごい不安になるような曲調だ…。

 

大歓声に包まれながら演奏は終了。

さすが10年連続全国出場の姫坂さん、ぱねーっす!

かずさもやりきった様子、ほずみ先輩もニッコリだ!

 

「あいつらの演奏は好きじゃなかったけど、今の演奏はよかった」

と愛も姫坂の実力を認めた模様。

姫坂の今までの舐め腐った演奏と今回の本気の演奏、愛には違いがわかったってことかな。

 

スポンサーリンク

 

珀音高校の作曲家・トウジョウミヤビの正体は…

滝浪先生がロビーに出てコーヒーを買っていると、話しかけてきたのは珀音高校の顧問である山本先生。

 

山本先生が教えているのは数学だが、それにしてはあれほどの演奏を教え込むのは凄いと、山本先生を褒める滝浪先生。

滝浪先生はベタ褒めした後、珀音の作曲家「トウジョウ ミヤビ」の正体について聞くと、突然顔を赤らめる山本先生。

この反応…お前がミヤビ本人か!

「俺、何か言っちゃいました?」と滝浪先生も知らんぷりを装いつつ、気付いてるなこの表情。

 

愛(ちか)たち時瀬高校も出番が徐々に近づいてきたため、調弦室へと移動。

とそこに息を切らした晶先生も登場!

晶が来たってことは…と思ったけど、お連れの二人は観客席か。

 

晶が来たということでさとわは手作りのお守りを手渡し。

しかしさとわ自身のお守りはないということで、愛は自身のお守りにさとわの名前を書いて、カップルみたいな雰囲気。

そんなお守りを見て来栖(くるす)は一言「いいなぁ」

お前らもやっちまえ!

 

と時瀬がラブラブしている内に、次は珀音高校の番。

 

珀音の顧問・山元先生曰く「今日が最後の日」

お前、死ぬのか…?

と思ったけど、まぁ先生本人は元気だし他校に異動するって感じか。

 

姫坂も負けられない理由があるように、それに並ぶ理由を持つ珀音。

なんかもうどこも主人公っぽくなってるじゃねーか!

 

スポンサーリンク

 

アニメ この音とまれ! 23話 感想まとめ

 

以上、アニメ この音とまれ! 23話の感想でした。

 

姫坂も、珀音も、そして時瀬もそれぞれに負けられない理由がある。

なんかすごい熱くなってきたな…。

 

珀音の顧問の山本先生がフラグ立てまくってる、というかこれが最後だって自分で公言しちゃったけど、実は病気とかじゃないよね…?

そこだけが心配だよ…。

 

 

スポンサーリンク

 

アニメ『この音とまれ!』を無料で見られる動画配信サービス

FODプレミアム

(視聴可能期間:2024年4月6日まで)

<FODプレミアムの特徴>
・Amazonアカウント登録で初回1ヵ月無料、無料期間中に解約可能
・無料期間後は月額888円
・アニメの他、ドラマ/映画/バラエティ視聴も可能
・雑誌/漫画の読み放題もあり

 

『この音とまれ!』の原作コミックス情報

『この音とまれ!』の原作漫画は「ジャンプスクエア」で連載中です。

コミックスは2019年12月時点で21巻まで発売中!

 

『この音とまれ!』の第1クールオープニングテーマ「Tone」のCDが2019年4月10日に発売!

蒼井翔太 /「Tone」MV
OP曲:Tone
歌手:蒼井翔太

蒼井翔太さんが歌うオープニングテーマ「Tone」のCDが2019年4月10日に発売!

各サービスでの楽曲配信も行っています。

 

『この音とまれ!』の第1クールエンディングテーマ「Speechless」のCDが2019年5月8日に発売!

内田雄馬『Speechless』Short ver.
ED曲:Speechless
歌手:内田雄馬

 

内田雄馬さんが歌うオープニングテーマ「Speechless」のCDが2019年5月8日に発売!

 

デジタル版の配信もスタート!

 

『この音とまれ!』の第2クールオープニングテーマ「Harmony」のCDが2019年10月2日に発売!

蒼井翔太 /「Harmony」MV
OP曲:Harmony
歌手:蒼井翔太

CDは2019年10月2日に発売!

 

デジタル版も配信中!

 

『この音とまれ!』の第2クールエンディングテーマ「Rainbow」のCDが2019年11月27日に発売!

内田雄馬「Rainbow」MUSIC VIDEO (Short ver.)
ED曲:Rainbow
歌手:内田雄馬

CDは2019年11月27日に発売!

 

配信もスタート!

 

『この音とまれ!』の作中で演奏された楽曲を集めたCD『この音とまれ! 時瀬高等学校箏曲部』が販売中!

 

『この音とまれ!』のブルーレイ&DVD情報

『この音とまれ!』のBlu-rayとDVDが8巻まで発売!

1巻(1~3話):2019年6月26日発売
2巻(4~6話):2019年7月24日発売
3巻(7~9話):2019年8月21日発売
4巻(10~13話):2019年9月25日発売
5巻(14~16話):2019年12月25日発売
6巻(17~19話):2020年1月29日発売
7巻(20~22話):2020年2月26日発売
8巻(23~26話):2020年3月25日発売
タイトルとURLをコピーしました