【ゲゲゲの鬼太郎(6期)83話 感想】聖地巡礼する人へのメッセージが含まれてるね【アニメネタバレ感想・あらすじ】

 

アニメ ゲゲゲの鬼太郎(6期)の83話の結末はまさかの…。

 

ま、まぁ、ご都合主義展開ばかりだと飽きちゃうしね!

たまにはいいかもしれない。

 

 

スポンサーリンク

アニメ ゲゲゲの鬼太郎(6期)83話 あらすじ

第83話「憎悪の連鎖 妖怪ほうこう」

 

ある人物を探しつつ、人々を攫うという妖怪の情報を仕入れた鬼太郎はねこ娘とともに調査へ。

 

妖怪の正体とは人間への復讐心に囚われたことが原因。

悪くない守るべき人間もいる、と説得する鬼太郎だが、対峙する妖怪が選択した道は…。

 

スポンサーリンク

 

復讐に囚われた妖怪・ほうこう

 

『不気味な仮面をつけた妖怪が人間をさらっている』

との噂について話す鬼太郎と目玉おやじ。

真面目に話す場に、葉っぱで作った即席の仮面をつけたねこ娘が登場。

しかしねこ娘の必死のボケも、鬼太郎と目玉おやじには効かなかったのだ…。

今回のねこ娘、ちょっとお茶目。

 

まなと友人が学校から帰ると、通りがかった公園で3人のDQNたちが空き缶をポイ捨て。

まながDQNを注意すると、何故か突然、宙に浮かぶDQN。

そして残されたDQNたちの後ろには例の仮面の妖怪の姿が。

 

「タクミはどこだ」

との言葉を発しながら、謎の妖怪は2人目のDQNを地面の中へ収納。

悪い子は仕舞っちゃおうねぇ。

しかし地面をパカっとあけてDQNを落とし、地面を閉めてるけど、これ完全にミンチにされてそう…。

 

3人目のDQNは逃げ出すも、公園の水飲み場を破裂させて、水の勢いで上空へと吹っ飛ばされてしまった模様。

 

ねこ娘に連絡を取ろうとまなが急いでスマホを弄ると、まなのスマホを見た妖怪はDQNたちの仲間と勘違いして攻撃。

DQNも襲われる前にスマホでカメラパシャパシャしてたし、スマホに恨みがある妖怪か?

 

妖怪の攻撃によってまなの友達は気を失い、まなもピンチ。

 

とその時、鬼太郎とねこ娘が登場。

鬼太郎たちが現れたことで「二度と邪魔をするな」と警告しつつ妖怪は去った模様。

ビビったな、こいつ!

 

被害者のスマホを覗いてみると、そこに写っていたのは大きな樹の写真。

 

この~樹何の樹気になる樹~、の樹ではなく、まな曰く、人気ミュージシャン・タクミのインステにアップロードされた写真が元で『タクミの樹』として有名とのこと。

 

行方不明となった人は全員この樹の前で獲った写真をインステにアップしてた、とのことで、妖怪が探しているのは人気ミュージシャンのタクミ本人か?

 

鬼太郎たちが実際にタクミの樹を見に行ってみると、樹は既に斬り倒されて切り株だけ残っている状態。

 

鬼太郎たちに声を掛けてきたこの樹の管理人曰く、妖怪はきっとこのクスノキの守り神。

管理人のおじさんは2,000年以上代々この樹を守ってきたが、タクミの写真の影響で数か月前からDQNが寄りつくようになり、周辺住民にも迷惑が掛かると言うことで仕方なく樹を切り倒したとのこと。

 

描かれてるのは見た目いかにもなDQNだけど、まんま聖地巡礼して迷惑かけてるオタクの人たちにも当てはまっちゃうよね…。

まぁゴミを捨てたりとか迷惑が掛かるようなことしなければ、むしろ観光需要が生まれていいんだけどさ。

 

管理人のおじさんの話を聞き、犯人の正体は樹の守り神である『ほうこう』と判明。

ほうこうが怒っている理由はストレートに、タクミが樹を有名にしたことで結果的に樹が切り倒されてしまったからってことか。

 

すべてを理解した鬼太郎の答えは…?

鬼太郎「帰って昼寝する」

自業自得な人間に対しての扱いに定評のある鬼太郎さん、さすがっす!

 

しかしそこに丁度、ほうこうの居場所を突き止めたとの報告が。

ということでタクミとの接触は鬼太郎に任せ、タクミのことはまなとねこ娘が担当。

 

まなとねこ娘はタクミの事務所に掛けあうも、馬鹿馬鹿しいと取り合ってくれない状況。

どうしようかと悩みながら歩くまなとねこ娘の側には、ベンチで座りながら食パンを食べる、フードを被った怪しい男性。

お前まさか…!?

 

男は去ろうとするも

「タクミの樹が切られた」

との発言を聞いた男は慌ててまなに声を掛けることに。

ってことで、人気ミュージシャンのタクミ、ゲットだぜ!

 

まなとねこ娘がタクミを連れて樹の元へと連れていくと、後悔するように樹にすがりついて泣くタクミ。

これには管理人のおじさんもドン引きだぁ…。

 

タクミが語る過去曰く、元々陰キャだったタクミだけど、ある日丘の上の大きな樹を発見。

タクミは壮大な樹に元気を貰ったということで、リスペクトの意味で例の写真をアップした。

しかしそれが原因でこんな事態になってしまった…、ってところか。

 

まぁ元を辿ればタクミが原因ではあるけど、悪いのはそれに乗じた後続の人々だからね…。

ほうこうからしたらタクミは加害者だけど、ある意味タクミは被害者だ。

 

スポンサーリンク

 

ゲームのボス戦みたいな戦い方

 

鬼太郎がほうこうのアジトを訪れるも、ほうこう本人の姿はなし。

しかし奥にはほうこうに捕らえられて拘束されている人間たちの姿が。

 

「妖怪のくせになぜ人間を守る」

とのほうこうの言葉を思い出した鬼太郎はそのまま去ろうとするも、人間たちの助ける声を無視できずに、結局鬼太郎は人間たちを救出。

甘いんだよなぁ…。

 

一方タクミは管理人のおじさんに誠心誠意で土下座。

おじさんもタクミのことを許すつもりはなかったけど、タクミ本人の態度と話しによって、タクミのことを認めた様子。

 

きっと妖怪も許してくれるさ…、とおじさんがタクミに声を掛けると、丁度そのとき、ほうこうが登場!

 

「今さら謝って何になる」

とほうこうはタクミを許す気はない模様。

 

ほうこうは仮面を外し本気でタクミを攻撃しようとするも、そこに鬼太郎も到着。

怒りを収めてくれと鬼太郎は説得するも、ほうこうはその気はないようで鬼太郎を攻撃。

 

そして姿を現したのはほうこうの分身?

風ほうこう・地ほうこう・水ほうこう、ちなみに最初のほうこうは火ほうこう。

ということで4属性が揃ってるわこれ。

公園で風を操ったり地面を操ったり水を操っていたのはそういうことか。

 

ほうこうが次々と鬼太郎に攻撃を仕掛けるも、鬼太郎はまったく反撃する素振りはなし。

 

人間を庇おうとする鬼太郎に対して、人間の醜さを語るほうこう。

そしてほうこうは広い範囲に火を放ち、ついに鬼太郎だけでなく辺りの民家・人間にも手を出してしまった模様。

あーあ、さすがにこれは見過ごせませんよねぇ…。

 

『すべての人間が悪いわけではない、守るべき人間もいる』

ということで鬼太郎の反撃が開始。

ねこ娘も加勢するも、4人のほうこう vs 鬼太郎&ねこ娘 ということで不利な状況。

 

しかしねこ娘の分析曰く、4人の方向は攻撃する順番に一定の法則があり。

さらに鬼太郎は戦いのなかで、ほうこう同士が近づくと嫌がるという特性を見出した模様。

なんかゲームのボス戦攻略みたいだな。

 

方向への対策がわかりつつあるものの、鬼太郎は不意打ちを受けて大ダメージ。

鬼太郎はボッコボコにされながらも、水・風・土のほうこうの3人をぶつけることに成功。

そしてぶつかった3人のほうこうは大爆発!

ぷよぷよかよ!

 

残りは火ほうこう一人、ということで鬼太郎は舐めプしつつ、ほうこうに対して最後の警告。

鬼太郎の言葉を聞いても人間を許せないほうこうを討とうと鬼太郎は指でっぽうを構えるも、ほうこうを庇うように間に割って入ったのはタクミ。

 

タクミは自分が悪いと鬼太郎とほうこうの戦いをやめるよう説得。

 

ほうこうはタクミのことを昔から知っているようで、成長したタクミを見て感心。

しかしほうこうが戻るところはもうない、ということでほうこうがタクミを手に掛けようとしたことで、鬼太郎は指でっぽうを発射。

まぁこれは鬼太郎の正当防衛でしょ。

 

鬼太郎は戦いに勝ったとはいえ、重く沈んだ表情。

また闇落ちしちゃいそうだなぁ。

 

ほうこうの放った火によって丘の下の民家が燃え盛り、人々の叫び声が聞こえる中、タクミが絶望したような一言を発して終了。

これで終了!?って本気で疑ったわ。

 

今回は珍しくバッドエンドかぁ…つれぇわ。

 

スポンサーリンク

 

アニメ ゲゲゲの鬼太郎(6期)83話 感想まとめ

 

以上、アニメ ゲゲゲの鬼太郎(6期)83話の感想でした。

 

ほうこうが心変わりしてハッピーエンドかぁ、と思ったらそのままバッドエンドルートだった…。

アニメとかだとよくここで想いを改めて復讐を中止したりするけど、今回みたいにそのまま突き進んじゃうのは珍しいですね。

でもこういうご都合主義ばかりじゃなく、リアリティというか、いいことばかりじゃないシーンを見るのもたまにはいいよね。

 

どうせほうこうの行き過ぎた復讐心はぬらりひょんの仕業でしょ?

と思ったけど、今回は無関係っぽいですね…。

疑ってすみませんでした、ぬらりひょんさん(鼻ホジー)

 

 

スポンサーリンク

 

アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』を無料で見られる動画配信サービス

dアニメストア

(視聴可能期間:未定)


<dアニメストアの特徴>
・初回31日間は無料、無料期間中に解約が可能
・無料期間後は月額400円
・アニメだけじゃなく2.5次元作品やアニソン/声優ライブ等もあり

 

U-NEXT

(視聴可能期間:2021年4月30日まで)

<U-NEXTの特徴>
・初回31日間は無料、無料期間中に解約が可能
・無料期間以降は月額1,990円
・アニメ/ドラマ/映画などの映像の他、漫画や雑誌も購読可能

 

FODプレミアム

(視聴可能期間:2020年3月31日まで)

<FODプレミアムの特徴>
・Amazonアカウント登録で初回1ヵ月無料、無料期間中に解約可能
・無料期間後は月額888円
・アニメの他、ドラマ/映画/バラエティ視聴も可能
・雑誌/漫画の読み放題もあり

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のオープニングテーマ『ゲゲゲの鬼太郎(歌:氷川きよし)』のCDが2018年10月23日に発売!

OP曲:ゲゲゲの鬼太郎
歌手:氷川きよし

ゲゲゲの鬼太郎のお馴染みの主題歌を歌うのは、氷川きよしさん!

第3弾のエンディングテーマ『見えんけれども おるんだよ』と合わせて収録されたCDが、2018年10月23日より発売しております。

 

デジタル版も配信しております。

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第1弾)

まねきケチャ『鏡の中から』アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌(ED)
第1弾ED曲:鏡の中から
歌手:まねきケチャ

 

CD販売中!

 

デジタル版も配信中!

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第2弾)

レキシ -「GET A NOTE」 Music Video (YouTube ver.)
第2弾ED曲:GET A NOTE
歌手:レキシ

 

CD販売中!


S & G(初回限定盤)

 

デジタル版も配信中!

S & G

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第3弾)

第3弾ED曲:見えんけれども おるんだよ
歌手:氷川きよし

 

CD販売中!

 

デジタル版も配信中!

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第4弾)

go!go!vanillas – No.999 Music Video
第4弾ED曲:No.999
歌手:go!go!vanillas

 

CD販売中!

 

デジタル版も配信中!

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第5弾)

BUCK-TICK / 「獣たちの夜/RONDO」トレーラー
第5弾ED曲:RONDO
歌手:BUCK-TICK

 

CD販売中!

 

デジタル版も配信中!

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第6弾)

スターダスト☆レビュー ニューシングル「うしみつジャンボリー」2019.7.24発売!
第6弾ED曲:うしみつジャンボリー
歌手:スターダスト☆レビュー

 

CD販売中!

 

デジタル版も配信中!

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のエンディングテーマ(第7弾)

まねきケチャ『あるわけないのその奥に』アニメ「ゲゲゲの鬼太郎」主題歌(ED)
第7弾ED曲:あるわけないのその奥に
歌手:まねきケチャ

2019年12月18日発売のアルバムCDに収録!

 

『ゲゲゲの鬼太郎』のオリジナルサウンドトラックが販売中!

 

『ゲゲゲの鬼太郎(6期)』のブルーレイ&DVD情報

ゲゲゲの鬼太郎(6期)のBlu-rayとDVDの各BOXが発売中!

1巻(第1話~第12話収録):2018年10月2日発売
2巻(第13話~第26話収録):2019年1月9日発売
3巻(第27話~第37話収録):2019年4月2日発売
4巻(第38話~第49話収録):2019年7月2日発売
5巻(第50話~第62話収録):2019年10月2日発売
6巻:2019年1月8日発売
タイトルとURLをコピーしました