【僕のヒーローアカデミア(4期)67話 感想】オールマイトとナイトアイの過去とは【アニメ感想】

スポンサーリンク

俺ガイルの原作ラノベ、完結!
2019年11月19日発売!

 

2019年10月にスタートしたアニメ

「僕のヒーローアカデミア(4期)」

 

略してヒロアカの67話は、オールマイトの口から語られるナイトアイとの過去について!

リアリストのナイトアイと、ロマンチストのオールマイトって感じか。

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ 僕のヒーローアカデミア(4期)67話 あらすじ

第67話「抗う運命」

 

インターンの一環で街中をパトロール中のデクとミリオ。

路地裏から飛び出してデクにぶつかってきたのはエリと呼ばれる女の子と、エリの後ろにはサー・ナイトアイがマークしている張本人の治崎の姿が。

 

ミリオはなんとかその場を立ち去ろうとするも、デクは目の前の女の子を見捨てられずに、治崎に問う。

 

スポンサーリンク

 

治崎に接触したデクとミリオ

 

街中をパトロールするデクとミリオの二人。

街中の人はデクのことを知っているようで、体育祭のテレビに出てたこともあってヒーローとしての知名度が少しあるみたいですね。

 

今回ターゲットを監視するのはサーたちだからウチらは簡単なパトロール、とミリオは言うけど…。

普通に路地裏から監視対象である治崎(ちさき)が出てきちゃってるんだよなぁ。

サーの監視はどうしたのよ。

 

路地裏から飛び出した少女の父親、という体でデクに笑顔で話しかける治崎。

ミリオは平然を装ってデクのマスクを被らせ、笑顔で治崎に挨拶。

さすがミリオはそれなりの適応力があるな!

 

 

サーの名前は出さないように会話を切り上げたミリオはデクを誘って立ち去ろうとするも、デクにしがみついてきた女の子は怯え切っていて、助けを求めるような発言。

それでもミリオはデクに立ち上がることを促すも、デクは治崎に少女のことを問い詰め、観念した治崎はミリオとデクを誘って路地裏へ。

 

路地裏を歩きながら少女・エリの育児が大変だと語る治崎。

治崎が手袋を外そうとしたそのとき、デクの元から急いで治崎の元へ駆け寄るエリ。

脅しに感づいたか。

 

結局ミリオとデクは治崎を見逃し、ミリオの判断によりサーの指示を仰ぐことに。

まぁこれはさすがにミリオが正しいんじゃないかな…。

ここで二人が手を出してもタダ返り討ちにあうだけな気もするし。

 

スポンサーリンク

 

デクのインターン初日はモヤモヤを抱えたまま終了

ミリオとデクが治崎(ちさき)と接触中、サーと、サーのサイドキックであるバブルガールは治崎の家?を偵察中。

とそこにミリオから治崎本人と接触した件について連絡を受け、サーとバブルガールはデク・ミリオと合流。

 

と唐突に、先日起きた治崎絡みの事件を語るサー。

 

強盗団のトラックが治崎たちに接触するも、死傷者はゼロ。

どころか、強盗団の持病などは完全完治している状態、強盗団が奪ったお金だけが燃えて消滅していたとのこと。

警察としては事件性はないと判断したが、ナイトアイ事務所は本格マークを開始して今に至る、ってことかな。

治崎の能力は破壊だけじゃないってことなのか…?

 

ミリオとデクは治崎の娘・エリのことをサーに報告。

助けられていれば…と後悔するデクだが、デクにそれほどの実力はないとサーは指摘。

厳しいようだけど、事実だからしゃあない。

 

 

まぁデクはいつか感情のほうが勝って、無茶苦茶な行動に出ちゃいそうな気がしますがね…。

 

スポンサーリンク

 

サー・ナイトアイとオールマイトの過去

 

インターン初日も終わり、いつも通り学校で授業を受けるデク。

しかしエリを助けられなかったことや、ミリオがワンフォーオールの後継者であったという事実を聞いたモヤモヤがずっと心に残っており、授業に集中できない状態。

 

このままじゃいけないと感じたデクはオールマイトに相談。

 

『ワンフォーオールの後継者として知っておきたい』

というデクの言葉を聞いたオールマイトは、ワンフォーオールについて語ることに。

 

サイドキック(相棒)を取らない主義のオールマイトだったが、サーナイトアイの熱意に負けて5年ほどともに活動。

しかし『価値観の違い』によって決別したとのこと。

価値観の違いって便利な言葉だよね。

 

6年前、オールマイトが大ケガを負ったことをきっかけに、オールマイトの死を予知で観たこともあわせて、もう引退すべきだと判断したナイトアイ。

雄英高校の根津(ねづ)校長もナイトアイの提案に賛成、後継者を探すといいと提案。

しかしオールマイトは、世の中のためにまだ頑張れるとムリをしてヒーロー活動を続けてた、ってことかな。

 

根津校長は後継者としてミリオを紹介してきたが、ミリオと会う前にデクと会ってしまったオールマイト。

無個性のデクにワンフォーオールを譲渡したということで、ナイトアイとオールマイトの溝はさらに深まってしまう事態に。

 

という話を聞いたデクはワンフォーオールのことなんかより、オールマイトの死が予知で見えたというところに反応。

ナイトアイが6年前に予知で見たオールマイトの死は6~7年後。

って今年か来年じゃねーか!

…あれ?ナイトアイの予知って最大24時間先までしか見えなかったとかそういう話じゃなかったっけ。

 

死が目前に迫っていてもデクの頑張る姿を見て、オールマイトは予知を捻じ曲げようと体を鍛え始めたりと努力している様子。

まぁ物語だと、見えている未来は変えられるってのが定番だからね。

多分大丈夫じゃないかな!

 

エンディング後のCパートはヴィラン連合のリーダー・死柄木(しがらき)と話す治崎(ちさき)。

 

治崎の事務所に招待されてやってきた死柄木は、条件次第で治崎に力を貸す模様。

死柄木は仲間を一人目の前でヤられてるし、その事実に割りの合う”条件”ってのがなかなかヤバそうな気がする。

 

スポンサーリンク

 

アニメ 僕のヒーローアカデミア(4期)67話 感想まとめ

 

以上、アニメ 僕のヒーローアカデミア(4期)67話の感想でした。

 

治崎との接触は取り合えず何事もなく終わり、今回のメインはオールマイトとナイトアイの過去って感じですかね。

 

オールマイトはミリオと会う前にデクにワンフォーオール継承を決めたようだけど、ミリオに会った後ならどうしていたのだろうか。

まぁ普通に考えるとミリオに託したほうがよさそうと思えるけど、デクが今後いいところを見せてナイトアイを見返すことは出来るのか?

 

 

スポンサーリンク

 

『僕のヒーローアカデミア』の原作漫画について

『僕のヒーローアカデミア』の原作漫画は「週刊少年ジャンプ」にて連載中です。

 

コミックスは2019年11月時点で24巻まで発売中!

25巻は2019年12月4日に発売!

 

その他、設定資料集等

 

アニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』のオープニングテーマ「ポラリス(歌手:BLUE ENCOUNT)」が2019年11月20日に発売!

『僕のヒーローアカデミア』#ヒロアカ TVアニメ第4期ノンクレジットOPムービー/OPテーマ:「ポラリス」BLUE ENCOUNT/ブルエン/ヒーローインターン編
OP曲:ポラリス
歌手:BLUE ENCOUNT

 

CDは2019年11月20日に発売!

 

アニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』のエンディングテーマ「航海の唄(歌手:さユり)」が2019年10月26日から配信スタート!

『僕のヒーローアカデミア』#ヒロアカ TVアニメ4期ノンクレジットEDムービー/EDテーマ:「航海の唄」さユり/ヒーローインターン編
ED曲:航海の唄
歌手:さユり

CDは2019年11月27日に発売!

 

デジタル音源は2019年10月26日から配信スタート!

 

アニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』のブルーレイ&DVD情報

アニメ『僕のヒーローアカデミア(4期)』のBlu-rayとDVDが6巻まで発売予定!

1巻(64~68話):2020年1月22日発売
2巻(69~72話):2020年2月19日発売
3巻(73~76話):2020年3月18日発売
4巻(77~80話):2020年4月15日発売
5巻(81~84話):2020年5月20日発売
6巻(85~88話):2020年6月17日発売

コメント