【キャロル&チューズデイ 24話(最終回) 感想】奇跡が起きるのは心の中で【アニメネタバレ感想・あらすじ】

 

2019年4月からスタートしたアニメ

「キャロル&チューズデイ」

 

キャロル&チューズデイの24話は最終回!

散々ガスに聞かされてきた「奇跡の7分間」の幕が上がるッ!!!

 

 

スポンサーリンク

アニメ キャロル&チューズデイ 24話 あらすじ

第24話(最終回)

「A Change is Gonna Come」

 

大晦日当日、キャロルとチューズデイの呼びかけで火星中のアーティストが極秘に集合。

火星の歴史に刻まれる「奇跡の7分間」の幕が上がる。

 

スポンサーリンク

 

グッバイタオ、フォーエバータオ

アンジェラの元に現れたタオ。

タオは自身を脅してきたシュバルツの違法取引をリークして、間もなく逮捕される予定。

しかし追手が来る前にタオは再び消す必要があるとのこと。

 

ケイティがタオの病室の前で盗み聞きする中、寂しさをタオに伝えるアンジェラ。

うーん、アンジェラさんメインヒロインしてますね…。

 

タオはどうするのかと思ったら

「君は一人じゃない」

と意味深な発言。

 

タオが明かしたのは、違法な遺伝子操作によって作られたデザイナーズチャイルドの一号はタオ自身。

そして二号は…アンジェラだー!

そういやアンジェラって昔の記憶がどうとか言ってましたっけ。

その理由はそういうことだったのか…。

 

真実だけを伝えて去ろうとするタオ。

タオにすがりつくアンジェラ。

 

しかしタオは

「自分自身の歌を歌うべきだ」

と残して去った模様。

 

クールで無愛想に見えるタオだけど、アンジェラを励ます為に危険を冒してまで会いにきてくれたと考えると、なかなかイイ男やんけ!

 

スポンサーリンク

 

残念ながらスペンサー君はアニメの中の人物なんだよなぁ

前回、情報解禁について事前にヴァレリーに伝えたいということで揉めていた、ヴァレリーの息子スペンサーと、記者のカイル。

結局二人で夜道を歩いて仲良さそうやんけ!

 

カイルはスペンサーのマザコンっぷりにあきれながらも、なんとか妥協案を提示してスペンサーの意思を尊重する模様。

 

しかし意を決したスペンサーとカイルに向かって、両側から歩いてくる謎の大人二人。

これはつまりジェリーのお友達かぁ…。

 

しかしカイルの機転で橋から飛び降りた為、無事お友達を撒いた模様。

 

「そんな映画か何かみたいなこと…」

といって飛び降りるのを拒否ってたスペンサーだけど、残念ながら君たちは映画のような創作物の中の人物なんだよなぁ…。

 

自分たちが作り物だと気づいていないスペンサー君、スター●ーシャンとかシム●ティの住民としてもやっていけるぜ!

 

スポンサーリンク

 

キャロルの家のオーナー…こいつ喋るぞ!?

「火星中のミュージシャンが集まって曲を歌えたら…」

という壮大な目標のため、作曲中のキャロルとチューズデイ。

最初はなかなか苦戦してたようだけど、ついに曲が完成した模様。

 

テンションが上がりすぎて外へ走りにいこうと、いつも1回でタバコをふかしているお爺さん(キャロルの部屋のオーナー?)にキャロルが挨拶すると…?

喋ったぞこいつ!?

無言キャラかと思ったら、メッチャ普通にペラペラ喋るやんけ!

 

「私のことは気にせずこんな物置みたいな部屋から引っ越していい」

とキャロルに語りかけるお爺さんだが、キャロルはもう少しここにいたいと発言。

 

引っ越して面倒くさいし、なかなか勇気がいりますよね…。

 

ロディとガスも、中継や警備の手配も終わり一安心。

そして忘れてたけど、キャロルとチューズデイの1stアルバムも完成した模様。

あーそういえばそんなものも作ってましたね…完全に忘れてたわ。

 

火星中のミュージシャンを集める発起人アーティストとして売り出せば、爆売れ間違いなしやん!

 

スポンサーリンク

 

キャロルとチューズデイの作戦決行!

ついに迎えた大晦日(おおみそか)。

つまりはキャロルとチューズデイの、火星中のミュージシャンを巻き込んだ作戦決行日。

 

誰も来なかったらどうしようとビクビクするキャロルとチューズデイの二人。

ミュージシャンはドタキャン結構あるらしいですしね。

テレビ番組のミュージックス●ーションで学んだ。

 

二人の心配はよそに、クリスタルが到着。

大物アーティストのクリスタルが来て他のアーティストが来なかったら、もう業界にいられなくなるでしょ。

 

「あなたたちは闇の中の光。もっと多くの人を照らすべき」

とキャロルとチューズデイを激励するクリスタルさん。

女神か?

 

獄中のスキップの同じバンドメンバー?の女性やら、新人グラミー賞と取り損ねたキャロルたちの同期ともいえる?オッサンも到着。

 

そして懐かしい面子『GGK』と『ピョートル』も登場。

こいつら、カップルみたいな雰囲気出してやがる…。

 

ピョートルは大会のときはウザキャラだったけど、実力はたしかにあるし心強いね!

GGKさんは相変わらず言ってることがよくわかんないっすね…。

 

かつてのガスの相棒・フローラさんも到着。

フローラはクリスタルも尊敬するような歌手。

大物が揃いすぎて勝ち確やんけ!

 

さらに車椅子に登場したある人物。

ザワザワ…とどよめきが起こすほどの人物の正体は…?

 

デズモンドさんだー!

生きてたんかワレェ!

 

まぁ前回だか前々回だか、眠ってた描写ありましたしね。

 

これで声をかけた人物はほぼ揃い、残すはアンジェラのみ。

タオにあんなこと言われたら、どうせ後で来るっしょ!

と思ったらさっそく来てるじゃねぇか!

 

キャロルとチューズデイに向けて心からの笑顔を見せるアンジェラ。

素直か?

 

スポンサーリンク

 

ヴァレリーの下した決断とは…。

ヴァレリーが大統領選挙で当選するため、ジェリーが自作自演のテロを起こしていたことを証明するスペンサー。

 

ヴァレリーはジェリーに電話をかけ

「明日から来なくていいよ」

と一部の人がトラウマを持ってそうな発言。

 

意外にもあっさりと受け入れるんやねぇ…。

 

さらにヴァレリーは責任をとるために大統領選を辞退。

これには電話相手のジェリーも、傍で通話を聞いていたスペンサーもビックリだぁ…。

 

スポンサーリンク

 

奇跡の7分間のはじまりだー!

全員揃ったホールでガスがあらためて作戦を説明。

 

0時丁度、日付が変わった瞬間にはじめて、世界に同時配信を開始。

曲の作者はキャロル&チューズデイ、プロデュースしたのはトビーとアーティガン。

 

歌い始める前に一言ずつ。

トビーは相変わらずクソクソいってるけど、ワイルドでイイね!

アーティガンは気取ってくるかと思ったらシンプルイズベストな発言。

悪くない!

 

『何が起きてもカメラは回し続ける』

『曲が終わるまでは誰も通さない、大統領であっても。』

とスタッフの士気も最高潮!

ついにライブの開催だー!

 

曲名は『Mother』

イントロのキャロルとチューズデイの歌声からスタートし、アンジェラ、クリスタルと続いて大物ラッシュが半端ない。

 

『Mother 進むべき道を照らして』

とアンジェラが歌う部分でダリアの墓が映ってウルっときちまったじゃねーか!

 

ノってきたところでピョートル・GGKも歌い出した頃、マーズブライテストの審査員・紫色の髪のカトリーもテレビ越しに見てて懐かしくなりますねぇ。

元気がなかったフローラが勢いよく歌ってる姿を見て、ガスも嬉しい様子。

 

地球に送還されたキャロルの幼馴染・エゼキエルも、荒廃した土地で見守っている様子。

地球、予想以上に荒れ果ててんな!

キャロルの父親も優しそうな温かい眼差しだ。

 

 

曲の終盤は皆で手拍子をしながら一斉に合唱。

やっぱ皆で歌うと迫力あるなぁ。

 

ホールの天井からは紙吹雪も待ってきて盛り上がりは最高潮!

ん?このシーン、これがアニメの毎回冒頭でガスが言ってた

『奇跡の7分間』

ってやつか…。

 

と思ったら最後にもまたガスが語ってくれたぜ!

奇跡の7分間についてガスが語りながら、キャロル・チューズデイ・アンジェラが抱き合って終了。

 

「Will be continued…」

「In your mind.」

(続きはあなたの心の中で?)

 

もう少しだけ世界のその後を見てみたかった気もするけど、これはこれでアリ!

イイ最終回だったぜ!

 

スポンサーリンク

 

アニメ キャロル&チューズデイ 24話(最終回) 感想まとめ

 

以上、キャロル&チューズデイ 24話(最終回)の感想でした。

 

歌ってイイね(小並感)

最後の皆で歌うところは泣いちゃいました。

こういうハッピーで壮大な歌だけでジーンとくるのに、今まで主人公たちが会ってきたキャラたちが総出演とかヤバいんだよなぁ…。

キャロル・チューズデイとアンジェラも最後には仲良くなれたようでよかったよかった。

 

キャロル&チューズデイのストーリーは、路上で歌うような新人アーティストがプロになって、歴史に刻まれるようなイベントを起こしちゃうという、まさになろう系みたいな壮大な物語。

だが、悪くない。

 

僕も音楽やってましたけど、わりとまじめに歌で人の心を変えさせてくれるって僕もあると思います。

「あの日あの場所で聞いたあの曲がいつまでも心に残っている」

「あの曲の歌詞が人生の在り方を変えた」

とか。

 

音楽が人の心に与える重要性を思い出させてくれるような、イイ作品だったんじゃないかな!

 

 

スポンサーリンク

 

『キャロル&チューズデイ』の1クールオープニング・エンディングが一枚に収録されたCDが2019年5月29日に発売!

OP曲:Kiss Me
ED曲:Hold Me Now
歌手:キャロル&チューズデイ

 

キャロル&チューズデイのOPテーマ曲とEDテーマ曲が1枚のCDに収録されて、2019年5月29日に発売!

 

デジタル版の配信も開始しております。

 

『キャロル&チューズデイ』の2クールオープニング・エンディングが一枚に収録されたCDが2019年8月28日に発売!

OP曲:Polly Jean
歌手:キャロル&チューズデイ
ED曲:Not Afraid
歌手:アンジェラ

 

第2クールのオープニングとエンディングも1枚のCDに収録されて、2019年8月28日に発売予定!

 

『キャロル&チューズデイ』のボーカルコレクションCD vol.1 が2019年7月31日に発売!(発売延期で7月10日より変更)

全19曲の劇中歌を収録したCDが、2019年7月31日に発売!

(発売日は7月10日から延期し、7月31日に変更)

 

『キャロル&チューズデイ』の他、『DJアーティガン』『アンジェラ』『クリスタル』などが歌った曲が収録されています。

デジタル版も配信中!

 

『キャロル&チューズデイ』のボーカルコレクションCD vol.2 が2019年10月30日に発売!

全19曲の劇中歌を収録したCDが、2019年10月30日に発売!

アニメ最終回で流れた『Mother』も収録されています。

 

『キャロル&チューズデイ』のオリジナルサウンドトラックが2019年10月30日に発売!

全30曲を収録したオリジナルサウンドトラックが2019年10月30日にリリース!

一部音楽配信サービスでは10月23日より配信スタートするようです。

 

『キャロル&チューズデイ』公式設定画集について

『キャロル&チューズデイ』の公式設定画集が2019年11月11日に発売予定!

『キャロル&チューズデイ』のマンガについて

『キャロル&チューズデイ』の漫画が「ヤングエース」にて連載です!

コミックス1巻は2019年9月4日に発売!

 

『キャロル&チューズデイ』のBlu-rayとDVDについて

アニメ『キャロル&チューズデイ』のブルーレイとDVDのVol.1が2019年10月30日に発売予定!

 

Vol.1(1~12話):2019年10月30日発売

タイトルとURLをコピーしました