【ワンパンマン 24話(2期最終回)】弟子のピンチを救うのは…アイツだー!【アニメ感想】

スポンサーリンク
TVアニメ『ワンパンマン』第2期 #24 予告

 

2019年春アニメ

『ワンパンマン セカンドシーズン』

 

ワンパンマンの24話はアニメ2期の最終回!

 

バングとボング、そしてジェノスの連携は見事だけど、相性の悪さってもんがあるんだよなぁ…。

 

しかし最後は相性なんてまったく関係なしのアイツが締めるぜ!

 

 

スポンサーリンク

アニメ ワンパンマン 24話(2期最終回) あらすじ

第24話「弟子の尻拭い」

 

バングとボンブはガロウを追いつめるも、怪人たちの助けが入ったことでガロウには逃げられて、災害レベル鬼のムカデ長老と戦うことに。

ジェノス・バング・ボングは協力してムカデ長老を攻撃するも、攻撃はあまり効いていない様子。

 

ジェノスがピンチとなったそのとき、ある二人組が現れて…?

 

スポンサーリンク

 

バングとガロウの師弟対決

ガロウと拳を打ち合うシルバーファング。

 

同じ技でも完成度の差は歴然、とガロウは蓄積したダメージもあり、シルバーファングがガロウを追いつめていく状況。

さすが師匠だけあって強いぜ!

シルバーファングはS級3位のヒーローということもあり、サイタマには及ばないにしても間違いなく最強クラスだな。

 

シルバーファング、もとい、バングと、バングのお兄ちゃん?のボングの二人はガロウに猛攻撃。

バングは流水岩砕拳の達人、ボングは旋風鉄斬拳の達人。

こりゃ最強のお爺ちゃんコンビだ…。

 

たとえガロウがなんとか二人をいなしても、傍ではジェノスが待機。

ということで完全に追いつめられたガロウ、ついに無理ゲーであることを悟った模様。

 

と、ガロウは走馬灯で自身の子供の記憶を追体験させられる状況。

ヒーローごっことして乱暴を振るわれていたガロウは暴れるも、教師陣にもガロウが悪いと一方的に悪いといわれていたってことかな。

 

ヒーローごっこというよりは、もはやイジメレベル。

こりゃあ現代でも起こりそうな胸糞案件だぜ…。

 

結局は多数派の意見が通るという理不尽によって闇堕ちしたガロウの目的は、弱者の一撃を食らわせること。

善悪の立場を否定したいというのが行動原理。

走馬灯から現実に戻ったガロウはなんとか立ち上がり、バングとボングの攻撃を避けて足場を崩す作戦。

 

と丁度そこに鳥型の怪人が現れて連れ去られるガロウ。

 

ジェノスが遠距離攻撃で怪人を落とそうとするも、ジェノスの攻撃を防いだのは…。

ムカデ長老だー!

そういえば、まだ君倒されてませんでしたね…。

 

ムカデ長老はジェノスの攻撃を受けても傷ひとつ付いていない様子。

ジェノス・バング・ボングの3人はガロウがやっつけたA級ヒーローたちを救出し、ムカデ長老と対峙。

 

ムカデ長老の災害レベルは『鬼』

災害レベル・鬼は、街が機能停止or壊滅するレベル。

 

こりゃ3人だけじゃあキツそうだ…ということは、ついにくるか?

 

スポンサーリンク

 

ガロウを逃がすために現れたムカデ長老

鳥型の怪人に掴まれたガロウは暴れるも、離さない怪人。

怪人はムカデ長老の凄さをガロウに語るけど…。

ムカデ長老を倒せるとしたら、の内の一人にキングが入るのは、ちょっと勘違いしすぎじゃあありませんかね…。

 

ムカデ長老は、かつて瀕死にまで追い詰められたS級1位のヒーロー・ブラストへの復讐を誓っているとのこと。

ムカデ長老も元は人間で、ブラストへ復讐するために怪人協会と手を組んで怪人になったということかな。

 

と鳥型の怪人がガロウに語っていた頃、ムカデ長老とバングたちの戦闘もスタート。

突っ込んでくるムカデ長老にジェノスが一撃を浴びせて勢いを抑え、合体技でムカデ長老を正面から受け止めるバングとボング、かっけぇ!

 

ムカデ長老の強固な外殻にヒビを入れ、承太郎さんもビックリなラッシュを打ち込むも、ムカデ長老は反撃。

しかしバングとボングの攻撃によるダメージはムカデ長老の前身に周り、ムカデ長老の全身の外殻はすべて破壊。

 

バング「終わりじゃ…」

あっそれはフラグが…。

 

ということでムカデ長老は脱皮。

つまりは最初からやり直しだー!

 

焦るバングとボングの制止も聞かずに、単身突っ込むジェノス。

 

 

怪人協会と戦うことは避けられない、ということでジェノスは両手のブレードでムカデ長老の顔をメッタ刺しにするも、あまり効いていない様子。

そして動きを捉えられたジェノスはムカデ長老の刃で上半身と下半身とが真っ二つに。

ジェノスの体の仕組みってよく分かってないんですけど、頭を潰されなければOKなんですかね…。

 

このままでは戦力外になる!

と呟いたジェノスは…上半身からジェットが噴出し、下半身に合体だー!

完全に合体ロボットアニメだわ!

 

高出力のジェットを利用してムカデ長老の口の中に入ったジェノス。

ムカデ長老は消火液でジェノスを溶かそうとするも、逆に内側から技を放ち、溶かそうとするジェノス。

なるほどね、体が固ければ内側から、ってよく見る戦い方だ!

 

外に吐き出されたジェノス、しかしムカデ長老は…ニタァと不敵な笑みを浮かべている!

ジェノス君は今回も勝てなかったよ…。

 

スポンサーリンク

 

やっぱ最後はこいつだぜ!

ジェノスやA級ヒーローたちを担いで逃げるバングとボング。

しかし目の前には市街地が、ということで被害を抑えるため、一か八かとムカデ長老と対峙するバング。

 

とそのとき、拡声器を手に持った一人の人物。

これは…キング?

 

キングはビビりながらも、かつてサイタマに助けられたことを思い出して勇気を出し、ムカデ長老の宿敵『ブラスト』を連れてきたと挑発。

今回のキングはカッコイイぜ!

 

もちろんブラストを連れてきたというのはハッタリで、キングは敵を引きつけるのが目的。

 

ドッドッドッドッとキングエンジンを鳴り響かせてビビりまくってるキング。

とそこに現れたのは…サイタマ氏だー!来るって知ってた。

 

サイタマ氏はキングの前に現れ、いつものようにワンパンでムカデ長老の体を破壊、やったぜ!

キングにゲームで負けたストレスを込めたパンチ、強い(確信)

 

サイタマはムカデ長老を無事倒し、ジェノスとも再会。

サイタマに自身の足りないモノは何かと問うたジェノス、サイタマの答えは「パワーじゃね?」

 

ジェノス「ありがとうございます!」

 

いやたしかにパワーが足りないだろうけど…。

それで解決するのかぁジェノス氏ぃ!?

 

最後はサイタマたちが家に帰りオープニング映像が流れ、怪人協会に連れてかれるガロウでエンド。

 

えっこれで終わりですか…?

ここからが本番じゃあないのかよ!

でもちょっと調べてみたら原作的にはガロウとの決着までまだまだ長いらしいので、仕方ないですね…。

 

スポンサーリンク

 

アニメ ワンパンマン 24話(2期最終回) 感想まとめ

 

以上、アニメ ワンパンマン 24話(2期最終回)の感想でした。

 

バング・ボングに負けず劣らず、ジェノスは予想以上に強かった!

しかしジェノスはまだまだ強さが足りないようだねと、と考えちゃったけど、そもそも比べる相手がサイタマなのが間違ってるわ。

でもジェノスは更にパワーアップするのか?

 

そして最終回ということでサイタマだけじゃなくキングにも出番があったのはよかったね!

まぁキングがいなくてもサイタマだけでどうにかなった感はあるけどな!

 

ワンパンマンのアニメ2期はこれにて終了。

消化不良な感じですが、まぁ原作の問題もあるので仕方ないかな。

サイタマの出番が少なすぎた気もするけど、その分他のヒーローを多く見られたので、個人的には満足です!

アニメ3期も期待!

 

 

スポンサーリンク

 

『ワンパンマン』の原作・リメイク漫画情報

ワンパンマンの原作はウェブサイト上で掲載されている漫画で、リメイク版が「となりのヤングジャンプ」で連載中です。

リメイク版コミックスは2019年6月時点で19巻まで発売中!

 

最新20巻は、2019年7月4日に発売予定です。

 

▼原作・ワンパンマン
http://galaxyheavyblow.web.fc2.com/

 

 

『ワンパンマン』アニメ2期のオープニングテーマ「静寂のアポストル(歌:JAM Project)」のCDが2019年4月24日に発売!

OP曲:静寂のアポストル
歌手:JAM Project

 

OPテーマ曲はJAM Projectが歌う「静寂のアポストル」

CDは2019年4月24日に発売です。

 

デジタル版の配信も行っております。

 

『ワンパンマン』アニメ2期のエンディングテーマ「地図が無くても戻るから(歌:古川慎)」のCDが2019年5月22日に発売!

ED曲:地図が無くても戻るから
歌手:古川慎

EDテーマ曲は作中でサイタマの声優も演じられている古川慎(ふるかわまこと)さんが歌う「地図が無くても戻るから」

 

CDは2019年5月22日に発売です。

 

デジタル版の配信もスタート!

 

『ワンパンマン』アニメ2期のブルーレイ&DVD情報

ワンパンマン2期のBlu-rayとDVD1巻は2019年8月27日に発売予定!

 

コメント