【かつて神だった獣たちへ 1話 感想】心を無くした者は仲間の手で…やっぱつれぇわ【アニメ感想】

スポンサーリンク

俺ガイルの原作ラノベ、完結!
2019年11月19日発売!

TVアニメ『かつて神だった獣たちへ』ティザーPV

 

2019年7月にスタートしたアニメ

「かつて神だった獣たちへ」

 

かつては神のような存在であっても、獣と成り下がってしまったら…。

元は仲間であった獣を狩りつつ、復讐を果たす物語、かな?

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

アニメ かつて神だった獣たちへ 1話 あらすじ

第1話「かつて神だった獣たちへ」

 

国の北部と南部で始まった内戦を止めるべく編み出された『擬神兵』

圧倒的すぎる戦闘力を誇る擬神兵だが、次第に症状が悪化してしまい…。

 

擬神兵部隊の隊長・ハンクは、いざというときのため、仲間たちとある誓いをたてる。

 

スポンサーリンク

 

擬神兵がまだ神だったころ

新たに発見された鉱石・ソムニウムを巡り国の北部と南部で対立し、内戦が開始。

人口差により南部の優勢が続いたが、北部は人間を異形の姿へと変える禁忌の技術を発案。

 

異形の姿に変身し戦場を蹂躙する者たちの呼び名は

『擬神兵(ぎしんへい)』

 

擬神兵は人間の理性を保ちながら、大きな龍の姿や鳥・蛇など、他の生物へと変身して戦えるってことかな。

内戦中の擬神兵の戦い方は、相手を無力化するだけじゃなくて容赦なく命を断つあたり、兵士として徹底している模様。

 

と擬神兵の強さを見せつけられたところで、本編へ。

 

相手基地の攻略を終えて、上官に報告をする主人公『ハンク』

声:小西 克幸(こにし かつゆき)さん

 

ハンクたち擬神兵は人間というよりは、兵器として扱われている雰囲気。

まぁ異形の姿に変身する姿を間近で見ちゃあ、いつか自分もやられるかも…と思って恐れちゃうよなぁ。

 

 

ハンクとともに報告を行う男性は『ケイン』

声:中村 悠一(なかむら ゆういち)さん

 

ハンクが擬神兵部隊の隊長、ケインは副部隊長。

真面目そうなハンクに対して、ケインは冗談を吐いたりとちょっと軽そうな感じ。

 

 

ハンクとケインは同じ軍の女性『エレイン』にも作戦完了の報告。

声:能登 麻美子(のと まみこ)さん

 

エレインの『擬神兵の生みの親』という発言から察して、擬神兵を作り出した張本人であり、研究者っぽい立ち位置かな?

エレインが飾っていた子供が3人映った写真はハンクとケインとエレイン?

3人は幼馴染でもあるってところかな。

 

隊員たちの体について、症状の進行を話すハンクとエレイン。

擬神兵という特別な体…症状…。

これは擬神兵が暴走しちゃうパティーンですか!?

エレインはハンクといきなりイイ雰囲気になっちゃってるけど、そういう演出って後々あんまりいい状況にはならないんですよね…。

 

そしてハンクたち以外の擬神兵が基地で和む場面。

変身したあとは皆きちんと人間の体に戻れるんですね。

 

擬神兵の数人は、体に濃いめのアザがある人がちょいちょい見られますね…。

これがエレインの言っていた『症状』かな?

 

擬神兵「戦争が終わったら遊びにきてくれ、娘も喜ぶ」

あぁ~フラグがぁ…。

 

スポンサーリンク

 

これがエレインのいう『症状』か

次々に戦場へと駆り出される擬神兵たち。

ハンクとケインは異形の姿に変身しなくても体術だけで敵を圧倒したりと、なかなかの戦闘能力の高さだ。

 

そして擬神兵を治療するエレインは…というより治療というか注射を撃たれている擬神兵は、体のあざが爬虫類の皮みたいになってるわ…。

これは察するに、エレインの言っていた症状というのは、じょじょに人間に戻れなくなっていく感じか…。

 

擬神兵たちがある戦場での戦闘が終わり敵部隊を連行していたところ、3本の頭を持つ蛇の姿のような擬神兵が突如暴れ出す事態に。

敵味方関係なく噛みついたり、毒ガスを撒いたりと、もうダメみたいですね…。

 

ハンクが近づき話しかけると、辛うじてまだ人間の理性が残っているようで、涙を流しながら「助けてください、俺じゃない」と言葉にしている様子?

自分の意志とは関係なく体が暴走しちゃっている感じか。

 

しかし敵と認識されてしまったことで、自軍からの攻撃を受けて瀕死の状態に。

人間の姿に戻るも、潔く自決した模様…。

 

仲間に迷惑を掛けない為の行動だろうけど、迷いがないほどの素早さで自決。

兵士として優秀すぎるわ…。

 

スポンサーリンク

 

フラグを自分で立てていくぅ!

「いつか俺もアイツみたいに…」

と暴走した仲間のことを考えてしまい、悩む擬神兵たち。

そりゃ目の前であんな状況見ちゃったら怖いわ…。

 

エレインにも暴走の原因は分からず、他の隊員も同じ結末を迎えるかもしれないという不安の中。

ハンクは擬神兵たちが集まった場である誓いを立てることに。

 

ハンク「心を無くした者は、仲間の手で葬る」

 

まぁそうするしかありませんよね…でもやっぱつれぇわ。

その後も戦争の最中、命を落としていく擬神兵たち。

 

そしてついに戦争を決する総力戦の前日、皆を鼓舞する隊長のハンク。

擬神兵たちの中には人間の姿なのに角や羽が生えた状態の人もいたり、まんま龍の姿だったり鳥の姿の人もいるけど、もう完全に戻れなくなっちゃってるのか…?

 

と突然、皆の前であることを宣言するハンク。

ハンク「この戦争が終わったら、俺はエレインと一緒になる」

 

あぁ~フラグがぁー!

まぁ皆が俯いた表情の暗い雰囲気をブチ壊すにはピッタリだったぜ!

 

スポンサーリンク

 

エレインの責任感、パない

総力戦の前夜、ハンクを呼び出したエレイン。

エレインがいうには、司令部が極秘裏に停戦交渉を進めており、明日の作戦は直前で中止されるだろうとのこと。

やったぜ!

 

やっと平和な時代がくる、と安心するハンク。

しかしエレインは「そこに私たちの居場所はない」と振りむき…。

ハンクに銃を発砲、えぇ…。

銃弾は普通のものではなく、対擬神兵用の特別な銃弾っぽいかな。

 

エレイン「擬神兵はいずれ皆、心を無くす。そのとき、この戦争よりも大きな脅威が生まれる」

ということで、エレインは擬神兵を生み出した責任を果たしたい模様。

一家心中みたいな感じか…。

他に手はないのか!どうかしてるぜ!

 

とそこにケインが登場。

これから部隊の全員をヤります、とケインに銃を渡すエレイン。

ケインの表情…こいつ、知ってやがったな!

この銃弾なら苦しまずに逝けるわ、とエレインは言ってるけど、ハンクさんめっちゃ苦しそうなんですけど!?

 

エレインは擬神兵を皆ヤった後に自分も死のうとしてるらしいけど…残念ながらそれは今だ!

ということでケインは銃をエレインに突き立てて…エレインの計画はオジャンだぜ!

 

そしてエレインを撃った後に狂ったように高笑いをしちゃうケイン。

まさかケイン、お前もう…。

 

そして擬神兵は獣となったのだ

ケインがエレインを撃つ状況を虚ろな目で見つめていたハンク。

そしてハンクが目を覚まし目に映ったのは…見知らぬ天井。

ハンクは2ヶ月間こん睡状態で、戦争もとっくに終わっていた模様。

 

と、ハンクの元にやってきたのはやたらとセクシーなお姉さん『ライザ』

声:日笠 陽子(ひかさ ようこ)さん

 

ライザ曰くエレインは行方不明、擬神兵は解散してそれぞれの望む場所へと返されたとのこと。

しかし、多くの擬神兵は理性を失い、各地で犠牲を出し始めたらしい。

 

アチャーエレインの読みは正しかったかー…。

あとの祭りだけど、エレインさん間違ってなかったかもなー。

 

ハンクはライザにケインの居場所を尋ねるも、終戦後から行方不明とのこと。

ハンクさんめっちゃ怒ってるわ…まぁ婚約者的なエレインを目の前で撃たれたからね。

 

場面は変わり、擬神兵となって人々を襲い、金品を奪っている現場へとやってきたハンク。

かつてハンクが立てた誓いに則り、元は仲間である擬神兵を討伐しにやってきた模様。

 

ハンクはかつての擬神兵時代と同じ白いコートを羽織り、大きな槍から射出された爆発で攻撃、最後は変身したハンクがトドメ。

ハンクの変身した姿はうっすらとしか見えなかったけど、二足歩行の狼男って感じかな?

 

最後は大きな銃を背負って、荒野を歩く一人の少女の姿。

メインヒロインはエレインじゃなくてこっちの子かー。

次回の活躍に期待!

 

スポンサーリンク

 

アニメ かつて神だった獣たちへ 1話 感想まとめ

 

以上、アニメ かつて神だった獣たちへ 1話の感想でした。

 

作品のタイトル、禁忌の術で異形化、症状、などのキーワードから察するに、なんとなくそうなるんじゃないかと想像してましたわ…。

なかなかにハードな1話でしたが、これから先もずっと辛そうですねぇ…。

 

ハンクはかつての誓いを守るため、そしてケインに復讐を果たす為、もしくは真相を聞くために旅を続けるようなお話かな?

 

体の欠損描写もあったりシリアスな展開になりそうだったりと子供向けのアニメではなさそうですが、個人的にはなかなか楽しめそうな作品だ!

 

 

スポンサーリンク

 

『かつて神だった獣たちへ』の原作漫画について

『かつて神だった獣たちへ』の原作漫画は「別冊少年マガジン」にて2014年から連載中です。

コミックスは2019年7月時点で9巻まで発売中!

 

2019年7月2日現在『Kindle(Amazonの電子書籍)』にて1~3巻までが100%OFFの0円で購入可能!

 

『かつて神だった獣たちへ』のオープニングテーマ「サクリファイス(歌:まふまふ)」の配信がスタート!

OP曲:サクリファイス
歌手:まふまふ

 

デジタル版の配信が2019年7月1日よりスタート!

 

『かつて神だった獣たちへ』のエンディングテーマ「HHOOWWLL(歌:Gero×ARAKI)」CDは2019年7月24日に発売予定!

ED曲:HHOOWWLL
歌手:Gero×ARAKI

 

CDは2019年7月24日に発売予定!

 

『かつて神だった獣たちへ』のブルーレイ情報

 

アニメ『かつて神だった獣たちへ』のBlu-ray第1巻が2019年9月26日に発売予定!

 

1巻(1~3話):2019年9月26日発売

2巻(4~6話):2019年10月30日発売

3巻(7~9話):2019年11月27日発売

4巻(10~12話):2019年12月25日発売

コメント