【この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 11話 感想】澪が最高にヒロインしてる!【アニメ感想】

スポンサーリンク

 

2019年春アニメ

「この世の果てで恋を唄う少女YU-NO」

 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの11話は、謎の青白く光る装置を発見するたくやと澪。

 

しかし装置は脆い、脆すぎる…手抜き工事ってレベルじゃねーぞ!

まぁおかげで最高に可愛い澪が見られたからよしとしようか。

 

スポンサーリンク

アニメ この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 11話 あらすじ

第11話「もう一度あのキスを」

 

三角山の地下で合流したたくやと澪。

二人は出口を探して道を進むと、目の前には謎の装置が。

 

一方地上でも、たくやたちの発見した装置の影響である事象が発生する。

 

スポンサーリンク

 

澪、有能!

たくやは澪を追って三角山へと入り、崩れた床から落ちた先で澪と合流。
出口を探すために澪が休んでいるころ、たくやは母親の夢を見る。

 

いきなり現れた母親の姿は幻影かと思ったら、たくや的にはどうやら夢と認識している様子。

たくやさん、ついに幻覚が!?

と思ったけど夢ならセーフだなうん。

 

母親のいた辺りを探ったたくやは、滝の裏に光る何かを発見。

手に取ってみると青く光る丸い玉・宝玉。

リフレクターデバイスに嵌ってる玉かな?

 

たくやは澪にリフレクターデバイスの昨日を明かし、別の並列世界に移動することも打ち明けることに。

 

しかしリフレクターデバイスの機能と並列世界の存在を知っても、意外と驚かない澪。

澪は驚くというより、リフレクターデバイスを使うとここ数時間のたくやとの思い出が…と、もし使ったときのことをすぐに考える姿。

 

澪ちゃん、思考の柔軟性ありすぎじゃない?

普通の人なら話の信憑性を疑って信じなかったり、未知の能力すぎてドン引きしちゃうでしょ…。

 

スポンサーリンク

 

神奈が何者なのかはまだ明かされず

三角山の外に一人残った結城は、中へと三角山の中へと入ったたくやたちを心配しながら待ち続ける。
そんな結城の元に現れ話しかけてきた人物は、波多乃神奈(はたの かんな)であった。

 

中に入ったというたくやたちの話を結城から聞いた神奈は、顔をしかめて何かを心配している様子。

 

もし三角山の中の『あの場所』へと辿り着いてしまったら危険と呟く神奈。

場所に辿りつく前に、頭がおかしくなっちゃった美月さんのほうが危険だと思うんですけどねぇ…。

 

スポンサーリンク

 

あの場所で対峙するたくやと美月

たくやと澪は宝玉のあった滝の裏に道を見つけて進む。
奥へと進む二人は、機械の唸るような音を耳にする。

 

ある一室で古びた剣のようなものを発見したたくや。

マスターソードゲットだぜ!

 

剣を携えたたくやたちが機械の唸るような音を聞きつけ、音の方向へ進むと石で出来た頑丈そうな扉が。

しかし剣を使ってテコの原理で扉を開閉しちゃうたくやさん、さすがに怪力すぎませんかねぇ…。

 

扉の中には明らかに古代のものとは思えないSFチックな、青白く光る塔のようなものが。

神奈のいう『あの場所』とはここのことかな。

 

そして拳銃を手にした美月さんも再び登場。

剣のたくや vs 銃の美月、こりゃあたくやに勝ち目はなさそうですねぇ…。

 

スポンサーリンク

 

美月は犠牲となったのだ…

リフレクターデバイスを渡すよう、たくやに迫る美月。
しかしたくやが説得する言葉を投げかけると、美月は苦しみ出す。

 

美月さんはたくやの言葉によって、龍蔵寺の洗脳が弱まっている様子?

しかしやはり洗脳に負けてしまい、美月さんはついに発砲。

澪がたくやにタックルしたおかげでなんとか銃弾を回避するも、リフレクターデバイスは瓦礫の下に。

 

中でたくやたちが美月と対峙している一方、外ではジオテクの運搬作業を止めるように説得する神奈と結城。

どうやら超念石を運搬することで、被害が発生しちゃう模様?

 

 

神奈が説得するも、現場を指揮していた豊富は運搬を続るよう指示。

しかし重機が落雷によりひっくりかえされ、運転手は中に閉じ込められてしまう事態に。

 

よくよく考えたら落雷で重機がひっくり変えるってすげぇな…。

 

外でも中でも落雷が激しくなって、瓦礫が降り注ぐなかも気にせずたくやに迫る美月。

しかしたくやに辿りつく寸前のところで正気が戻った様子?

 

美月さんはなんとか正気に戻るも龍蔵寺には逆らえないと観念し、たくやに別れの言葉を告げて自身の頭へ銃口を向けて…犠牲となったのだ。

 

澪は瓦礫の下のリフレクターデバイスをなんとか拾い上げて、美月を助けるためにたくやにデバイスを使うよう促す。

ここの澪、最高にかわいいやん!

 

しかしここで使ったら、この世界の澪が助からないと躊躇うたくや。

やっぱ並列世界に移動するってことは、たくやの意識が移動するだけで、残された側はそのまんまなのかな…。

 

尚も澪がたくやを説得するも、デバイスの使用を拒否するたくや。

たくやが塔に向かって剣を突きさすと、何故か塔は自爆して、完全に崩れ落ちる事態に。

えぇ…この塔脆すぎない?

どんなガバガバ設計よ…。

 

たくやたちが逃げた先は、何故か龍蔵寺の屋敷の敷地内にあった井戸。

神奈が持ってきてくれたロープのおかげで、無事に戻ることができたたくやと澪。

 

結城が澪にも謝って和やかな雰囲気となったところで、カオスの矯正によってこの世界から強制的に退場させられるたくや。

 

たくやは並列世界の移動中?に親父と会話するも、親父が何を言ってるかさっぱりわからねぇ。

私が言わなくてもそのうちわかるだろとか…親父ィ!遊んでる場合じゃないだろうぉ!?

 

スポンサーリンク

 

アニメ この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 11話 感想まとめ

以上、アニメ この世の果てで恋を唄う少女YU-NO 11話の感想でした。

 

なんとか三角山を脱出したたくやと澪の二人。

自身を犠牲にしてでもたくやを先へ行くよう促す澪は最高かっこよかったし、ヒロインとしても可愛かったぜ!

 

しかし犠牲となった美月さんは…並列世界で助けることは出来るのか?

まぁなんだかんだ、たくやは皆助けてきたしな…期待してるぞ!

 

スポンサーリンク

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のゲーム情報

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの原作は、1996年にPC版が発売されたSFアドベンチャーゲーム。

 

その後何度かリメイク版が発売され、2017年にPS4版、PSVita版が発売。

2019年3月に任天堂Switch版も発売され、現在でも手を出しやすくなっています。

 

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のオープニングテーマ『この世の果てで恋を唄う少女(歌:亜咲花)』のシングルCDが2019年4月24日に発売!

亜咲花「この世の果てで恋を唄う少女」(TVアニメ『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』OP)Music Video Short ver.
OP曲:この世の果てで恋を唄う少女
歌手:亜咲花

 

亜咲花(あさか)さんが歌うオープニングテーマ『この世の果てで恋を唄う少女』のCDが2019年4月24日に発売です。

 

デジタル版も配信しております。

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のエンディングテーマ『真理の鏡、剣乃ように(歌:鈴木 このみ)』のシングルCDが2019年5月8日に発売!

鈴木このみ「真理の鏡、剣乃ように」(TVアニメ『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』エンディングテーマ)
ED曲:真理の鏡、剣乃ように
歌手:鈴木 このみ

 

鈴木このみさんが歌うエンディングテーマ『真理の鏡、剣乃ように』のCDが2019年5月8日に発売です。

(アニメ盤、アーティスト盤があります)

 

デジタル版も配信しております。

 

『この世の果てで恋を唄う少女YU-NO』のブルーレイ情報

 

この世の果てで恋を唄う少女YU-NOの第1話~第8話を収録したBlu-ray Boxの1巻が、2019年8月28日に発売予定!

コメント