【アニメネタバレ感想・あらすじ】テメエの顔も見飽きたぜ(by.七々子)「川柳少女 4話」

 

2019年春アニメ

「川柳少女」

 

4話は、あらたな美少女キャラが登場!

 

しかしこの作品の少女たち、個性が強すぎる…。

 

スポンサーリンク

アニメ 川柳少女 4話 あらすじ

第4話「キャンバス少女」

 

最近ふとした瞬間に誰かの視線を感じるエイジ。

七々子はエイジを守るため下校中に警護をするが、ついに謎の人物がエイジの前に姿を現す。

 

スポンサーリンク

 

エイジを追う人物の正体は…。

ここ最近、日常のふとした瞬間に度々誰かに見られてる気配を感じ取るエイジ。
エイジは文芸部で七々子(ななこ)とアマネ部長に相談、七々子は通学中に視線の正体を突き止めようと警戒しながら道を歩く。

 

僕も七々子ちゃんに24時間警護されたいですねぇ(ニチャア)

 

警護の七々子よりストーカーを先に発見したエイジ、正体は…自分の顔をキャンバスに書いて会話しようとする人物。

 

 

すごく…怪しいです…。

 

自分は言葉を発さず、キャンバスでエイジと会話しようとするストーカーの少女。

あれ、これサイレント系JKアニメ『女子かう生』だっけ?

今はこういうJKが流行ってるんですか?

 

ということで謎の少女の名前は『矢工部 キノ(やこべ キノ)』

声:久野 美咲(くの みさき)さん

 

 

その萌え袖は狙っているのか天然なのか…恐ろしい女よ。

 

キノのキャンバスによる説明によってすべてを理解したエイジ、少女はエイジが落とした学生手帳を拾って渡したかっただけの模様。

なんてイイ子なんや…キャンバスに描いた絵で会話しちゃうぶっ飛びっぷりは気になるけどな!

 

スポンサーリンク

 

そりゃだって 毎日キミを 見てるから

 

文芸部にも遊びにきてくれとキノを誘ったエイジ。
後日、文芸部にキノが現われアマネ部長にも紹介する。

 

七々子の川柳とキノのキャンバスのみで成り立つ会話、JKが仲良くなるのに言葉は必要ないんだ、可愛ければそれでいい。

 

キノは自分で言葉を発しないけど、絵に描くノリと長文による饒舌さは一流!

一同は絵が上手いキノに絵の描き方を教わることに。

 

裸の絵しか描けないアマネ部長をモデルにして、七々子とエイジはキャンバスに描くが…どちらもそこそこウマい!

 

「他の絵も見てみたい」

というキノの希望で、今度はお互いの顔を描く七々子とエイジ。

 

エイジに自分の顔を見られて照れる七々子。

対して七々子は、大してエイジの顔をまともに見ていないのにスラスラと描いている様子。

その理由は……はいここ今週の惚気(のろけ)ポイント。

 

「テメェの顔も見飽きたぜ」

と、ヴァルキリープロファイルのアリューゼさんが言いそうなキザなセリフを吐いちゃう七々子。

だがそれがいい。

 

 

この公然とした二人の惚気には、さすがのキノ画伯もニッコリ!

慣れた様子のイチャイチャを間近で見せられたらイライラしそうだけど、照れっぷりがある姿は見ていて楽しいね!

 

アニメ 川柳少女 4話 感想まとめ

 

以上、アニメ 川柳少女 4話の感想でした。

 

キノは美術部に所属ということで文芸部の一員にはならなそうだけど、今後もときどき訪れては賑やかな場面を見せてくれそうだね!

しかしアマネ部長のツッコミがよりいっそう激しくならざるをえない。

 

スポンサーリンク

 

『川柳少女』の原作コミックス情報

川柳少女は『週刊少年マガジン』にて連載中。

コミックスは2019年4月時点で8巻まで発売中です。

 

コミックス9巻は2019年6月17日発売予定!

TVアニメ付きの特装版も発売予定です。

 

 

『川柳少女』のオープニングテーマ『コトノハノオモイ(歌:井上苑子)』収録を収録したCDアルバムが2019年5月29日に発売予定!

OP曲:コトノハノオモイ
歌手:井上苑子

 

川柳少女のオープニングテーマを収録した『井上 苑子(いのうえ そのこ)』さんのアルバム『白と色イロ』が2019年5月29日発売予定です。

 

 

『川柳少女』のエンディングテーマ『ORDINARY LOVE(歌:逢田梨香子)』が2019/4/5に楽曲配信スタート!

ED曲:ORDINARY LOVE
歌手:逢田梨香子

 

声優である『逢田 梨香子(あいだ りかこ)』さんが歌う川柳少女のエンディングテーマ『ORDINARY LOVE』が、川柳少女のOAに合わせて楽曲配信スタートしました。

 

CD収録については今のところ未定?

タイトルとURLをコピーしました