【レビュー】花粉症に効くオススメの最強市販薬はパブロン鼻炎カプセルSα!個人的ランキングNo.1!【目薬も紹介】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

春が近づくにつれ『花粉症』に悩まされる方も多くなってくるかと思います。

僕も重度の花粉症で春から夏にかけてがツライ時期ですが、毎年飲んでる薬のおかげで症状がかなり和らいでいます。

 

僕が花粉症対策として使っているのは市販薬の『パブロン鼻炎カプセルSα』

 

よくテレビCMで見かける『アレグラ』『クラリチン』や、耳鼻科で貰う薬より断然オススメしたい!

薬局やネット通販でも購入可能なので、簡単に手に入ります。

そんな個人的ランキングNo.1の『パブロン鼻炎カプセルSα』のご紹介と、実際に使用している感想を記載します。

 

この記事では下記の内容について記載しております。

・花粉症に効く市販薬を探している!
・花粉症対策として効き目が強い市販薬を知りたい!
・パブロンって他の市販薬と比べてどうなの?

本記事が皆さま方のお役に立てれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク

パブロン鼻炎カプセルSαとは


【指定第2類医薬品】パブロン鼻炎カプセルSα 48カプセル

 

パブロン鼻炎カプセルSαは、大手の製薬会社『大正製薬(たいしょうせいやく)』が販売している薬です。

パブロン鼻炎カプセルSαの効果・効能

花粉などのアレルギー性鼻炎、くしゃみ、鼻水、鼻づまり、涙目、のどの痛みや頭が重いと感じる際にも効果があります。

 

パブロン鼻炎カプセルSαの用法・容量

1日2回、12時間毎に服用します。

1回で2カプセルを服用し、15歳未満の方は服用できません。

 

7歳~14歳のお子様も服用可能な『パブロン鼻炎カプセルSα小児用』も販売しています。

 

 

パブロン鼻炎カプセルSαの効果・効き目は『アレグラ』『クラリチン』『アレジオン』より強い!

 

『パブロン鼻炎カプセルSα』の効き目は、市販薬の中でも最強レベルです。

テレビCMもよく流れている『アレグラ』や『クラリチン』『アレジオン』より効果が強いです。

 

ただしパブロン鼻炎カプセルSαは効果が強い半面、副作用の強さも高めと言われています。

『眠気』の症状や『喉の渇き』の症状が現われることがありますので、仕事中などには気をつける必要があります。

 

 

パブロン鼻炎カプセルSαを実際に使っている感想

僕は花粉症を発症してから10年くらい経ちます。

花粉症の薬は、市販薬や耳鼻科で貰った薬など色々試していましたが、パブロン鼻炎カプセルSαに決めてからは一筋です。

 

パブロン鼻炎カプセルSαの効き目は最強!

パブロン鼻炎カプセルSαは、なんといっても効き目が強い!

 

僕の花粉症はなかなか酷く、朝起きた時点から鼻水・鼻づまりが酷いです。

しかし朝一でパブロンを飲んで会社に出勤する頃には、かなり症状が和らいでいました。

 

過去に僕が試した薬は『ストナリニ』『アレグラ』『クラリチン』『アレジオン』と耳鼻科で貰った薬など、色々試してきました。

そのすべてを差し置いて、パブロン鼻炎カプセルSαが一番いいと感じました。

 

パブロン鼻炎カプセルSαと出会って間もない頃は

「市販の薬でこれだけ強いってことは、耳鼻科にいけばもっといい薬が貰えるのか?」

と思って耳鼻科にいき薬を貰いましたが、僕には合わなく結局パブロン鼻炎カプセルSαに戻りました。

耳鼻科の先生も仰っていましたが、パブロン鼻炎カプセルSαの効き目はかなり強いらしいです。

 

パブロン鼻炎カプセルSαは1日2回服用する必要があり

パブロン鼻炎カプセルSαの効果は1回で12時間です。

とはいえ、体感的には服用後10時間を超えた頃から鼻の調子が悪くなり、効果が薄まってきていることがハッキリとわかります。

 

オススメの飲み方は

『朝7時(寝起き)に1回目を服用し、2回目は夕方4時か5時頃(9~10時間後)に服用する』

というのが個人的にはベストです。

 

最初は朝7時と昼休みの13時に飲んでいたのですが、夜寝る頃の0時~1時頃に薬の効果が切れてしまい、鼻が辛くて寝られないこともありました。

 

「1日に2回飲むのは面倒だ!」

と思う方もいるかもしれませんが、その分パブロン鼻炎カプセルSαで得られる効果は絶大です。

面倒くささはなんとか我慢してもらってでも試していただきたい、ぜひオススメの薬です。

 

パブロン鼻炎カプセルSαの副作用は気にならない

パブロン鼻炎カプセルSαの副作用は強めと言われております。

副作用としては、眠気が現われることと、喉が渇くことの2点。

 

個人ごとの体感差はあるかと思いますが、僕は眠気についてはとくに感じませんでした。

 

しかし喉が渇く点はハッキリと感じました。

パブロン鼻炎カプセルSαを飲んでる時期は、いつもより多めに水を飲んでしまいます。

自分の仕事はデスクワークだったので、飲み物を飲みたいときにはすぐ飲める環境なので問題ないですが、そうでない方には少し大変と感じるかもしれません。

 

 

結論:副作用を許容出来るなら、パブロン鼻炎カプセルSαがオススメ

パブロン鼻炎カプセルSαの特徴を簡単におさらいすると下記の通りです。

・効果が強め

・副作用も強め

・1日2回服用の必要あり

 

「とにかく花粉症がツライから効き目が強い薬が欲しい」

という方にはぜひオススメしたい、花粉症対策の市販薬です。

 

正直、自分はもうパブロン無しには春は越せない体になっちまってるぜ…!

 

サイズは24カプセル入りのものと、48カプセル入りのものとありますので、はじめて服用される方は24カプセル入りから始めてみてはいかがでしょうか。

薬局でも購入できますが、Amazonや楽天などのネット通販なら安く購入可能です。

時期によってはAmazonなら10%OFFクーポンを適用の上購入できるようです。

(2019年2月22日現在、10%OFFクーポン適用可能)

補足:花粉症に効く最強のオススメ目薬は『ロート アルガード クリアブロック』

花粉症対策の目薬は、数年前に購入した『ロート アルガード クリアブロックZⅡ』を使っています。

花粉症で目がツライ人は、このロートアルガードクリアブロックをほんとにオススメしたい!

眼科で貰った薬よりもこのロートアルガードクリアブロックのほうが断然効きます。

値段は目薬としてはかなり高いのですが、それだけ効果があります。

 

自分が持っているタイプ(クリアブロックZⅡ)はすでに販売終了しており、現在はクリアブロックZの名称で販売しているようです。

 

花粉症で目がツライ方はぜひ、ロートのアルガードクリアブロックを試してみてください。

 

コメント