【かつて神だった獣たちへ 8話 感想】セイレーンさん、ふつくしい…【アニメ感想】

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中!
9月11日(水)1:59まで!
スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中!
9月11日(水)1:59まで!

 

2019年7月にスタートしたアニメ

「かつて神だった獣たちへ」

 

かつて神だった獣たちへの8話は、擬神兵・セイレーンが登場!

セイレーン姿になってもふつくしい…まだまだイケるやん!

 

 

スポンサーリンク

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話 あらすじ

第8話「眠りの歌姫」

 

ある港町で補給を待つ擬神兵部隊と部隊に同行するシャール。

浜辺を歩くシャールが謎の歌声に気付き探索してみると、擬神兵・セイレーンの姿があった。

 

スポンサーリンク

 

セイレーンさん、擬神兵姿でもイケルやん!

人々の前で歌い歓声を浴びていた頃の人間時代を思い出す擬神兵・セイレーンのベアトリス。

声:早見 沙織(はやみ さおり)さん

 

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話

出典:©めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 

セイレーンとはギリシア神話上の上は人間、下は鳥・魚の姿をした怪物。

セイレーンと化したベアトリスもふつくしい…。

なかなかイケるやん!

 

一方、擬神兵討伐部隊のクロードたちは補給船の到着を待つ間、港で足止め状態。

 

シャールはライザとともに港町で買い出し中。

「頑張れば私みたいなイイ女になれる(ボヨ~ン)」

とシャールをからかうライザだけど、一体ライザはそのボヨ~ンになるまでナニを頑張ったんですかねぇ…。

 

シャールは一旦ライザと別れ浜辺で考え事をしていると、謎の歌声に気付き崖下の洞窟へ。

洞窟の中にいたのはセイレーン・ベアトリス。

 

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話

出典:©めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 

擬神兵を前にシャールが立ち尽くしていると、いつの間にやらシャールの背後には銃をつきつける人間の男性が。

この男性はベアトリスの美貌と歌声に惚れて、擬神兵といえども協力状態にあるということかな?

 

シャールに銃を突き付けながら立ち去るよう命令する男性だが、男性の行動を注意するベアトリス。

しかし、自身の父が擬神兵だというシャールの発言によって場は収まり、ベアトリス・男性・シャールの3人で話すことに。

 

男性・チャールズは、かつてベアトリスが歌っていたバーの店主とのこと。

なるほどね、だからセイレーンと化したベアトリスを守ってるってことか。

ベアトリスは見た目がセイレーンでも理性は人間のまま、もうこれほぼ人間みたいなもんだしね。

 

かつてバーで歌っていたベアトリスは、戦争が始まりバーへ訪れる人がいなくなったころに、軍に招待されて擬神兵部隊に加入。

戦争が終わって街へ戻るも化け物の姿だからと虐げられていたベアトリスは、隠れていたところをチャールズに見つかり保護されたってところかな。

 

ベアトリスに同情したシャールは、港に滞在する間はベアトリスの為に何かをしたいと思い、一緒にお茶をしたりアクセサリーを作ってあげたりと、すっかり仲良しな関係。

シャールの甲斐もあり笑顔になったベアトリスは見ていて微笑ましいけど、後半の展開にヤバい予感しかしねぇ…。

 

スポンサーリンク

 

セイレーンの最期は儚い…

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話

出典:©めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 

いつものように雑談するベアトリスとシャール。

ベアトリスには叶えたい夢があり、いつか大勢の客がいる部隊でまた歌うことが夢。

 

「姿なんて関係ない、人々がベアトリスの美しい歌声を聞いてくれる日がくる」

と励ますシャール。

あーもう完全にフラグだよこれ。

 

ベアトリスとの接触からの帰り道、ニッコニコで街中を歩くシャールに話しかけてきたのは、擬神兵討伐部隊の隊長・クロード。

 

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話

出典:©めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 

クロード「早く擬神兵を殲滅しなくちゃ」

と擬神兵絶対ヤるマンと化したクロード、怖い…。

 

クロードは父を討ったシャールのことを褒め称え、自身の兄であるケインやハンクを討つとやる気満々。

あちゃークロードさんは女心をわかってないですねぇ…。

 

一方、ベアトリスを匿うチャールズが自身の店でピアノを弾いていると、銃を持った男性たちが押し寄せ

「隠していることはないか」

とチャールズを問い詰める事態。

完全にベアトリスのことがバレてますね、これ。

 

『港にいるチャールズを見た人物が不思議な歌を聞いた』

『街にいる軍は擬神兵討伐部隊』

あっ察せられちゃってる。

 

強引に店を調べようとした男たちをチャールズが殴ると、反撃を受けたチャールズはお腹に銃弾を貰ってしまった様子。

満身創痍ながらもベアトリスの元へと辿りついたチャールズは、ベアトリスにここを去るよう警告しつつ絶命。

そんなことされちゃったら、ベアトリスが取る行動は決まっちゃってるじゃん…。

 

ということで街中に響き渡る不思議な歌声。

歌声を聞いた人々は深い眠りに落ちている様子。

 

騒ぎに気付いた擬神兵討伐部隊はセイレーンの仕業と推測。

討伐部隊の隊長・クロードがセイレーンの姿を探すと、街の中央で虚ろな目をしながら歌うベアトリス、もとい、セイレーンを発見。

 

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話

出典:©めいびい・講談社/かつ神製作委員会

 

ベアトリスさん、もう完全にレ●プ目になっちゃってるわ…。

 

シャールがベアトリスに声を掛けた隙にクロードがベアトリスに銃を発砲。

銃弾を受けたベアトリスは飛び去り、かつての思い出の酒場へ。

 

ベアトリスに追いついたシャールが声を掛けると、ベアトリスは正気を取り戻した様子?

しかしその瞬間に響き渡ったのは、擬神兵討伐部隊の発砲による銃声。

まぁそうなりますよね。

 

今にも息絶えそうなベアトリスに歌わせてあげるよう、シャールは擬神兵部隊を制したことで、ベアトリスのオンステージが開幕だ!

 

かつての大勢の人々に聞き惚れられながら歌う光景を思い出しながら歌ったベアトリスは、満足な笑みを浮かべつつ息を引き取ったのだ…。

こうなることは分かってたけど、ベアトリスも満足していたようだしまぁまぁ悪くない最期だったんじゃないかな。

 

エンディング後のCパートは、一人雪山で擬神兵・サスカッチと対峙するハンクの姿。

ハンクはウェアウルフに変身しようとするも、暴走して街を荒らしたことがトラウマでうまく変身できない様子?

サスカッチはなんとか爆殺!で仕留めるハンクだけど、かつての部隊内で交わした誓いを果たそうと躍起になっちゃってるわ。

 

そんなハンクの足跡を見つけた、謎の擬神兵。

ハンクのウェアウルフと同じような獣の姿をした擬神兵は、ケインの追手、かな?

 

スポンサーリンク

 

アニメ かつて神だった獣たちへ 8話 感想まとめ

 

以上、アニメ かつて神だった獣たちへ 8話の感想でした。

 

擬神兵は漏れなく殲滅されるぜ!

ということでセイレーンさんも討伐完了。

セイレーンであるベアトリスの理性は完全に残ってたから、街の人々が受け入れてくれてさえしたらワンチャンあったのにね…。

 

次回はハンク回かな?

クロードたちはハンクを討伐したいようだけど、敵の敵は味方理論で、まずはハンクと協力しつつケインを討つほうがいいんじゃあないですかねぇ…。

 

 

スポンサーリンク

 

『かつて神だった獣たちへ』の原作漫画について

『かつて神だった獣たちへ』の原作漫画は「別冊少年マガジン」にて2014年から連載中です。

コミックスは2019年8月時点で10巻まで発売中!

 

 

『かつて神だった獣たちへ』のオープニングテーマ「サクリファイス(歌:まふまふ)」の配信がスタート!

TVアニメ『かつて神だった獣たちへ』オープニング映像
OP曲:サクリファイス
歌手:まふまふ

 

デジタル版の配信が2019年7月1日よりスタート!

 

『かつて神だった獣たちへ』のエンディングテーマ「HHOOWWLL(歌:Gero×ARAKI)」CDは2019年7月24日に発売!

TVアニメ『かつて神だった獣たちへ』エンディング映像
ED曲:HHOOWWLL
歌手:Gero×ARAKI

 

CDは2019年7月24日に発売!

 

デジタル版も配信スタート!

 

『かつて神だった獣たちへ』のブルーレイ情報

 

アニメ『かつて神だった獣たちへ』のBlu-ray第1巻が2019年9月26日に発売予定!

 

1巻(1~3話):2019年9月26日発売

2巻(4~6話):2019年10月30日発売

3巻(7~9話):2019年11月27日発売

4巻(10~12話):2019年12月25日発売

コメント