【アニメ・感想】「revisions 4話」美女ミロで楽しみたい男

スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中!
9月11日(水)1:59まで!
スポンサーリンク

楽天スーパーセール開催中!
9月11日(水)1:59まで!

説明回でもあったリヴィジョンズ4話。

敵組織であるリヴィジョンズの目的も分かったけど、味方組織・アーヴの判断など、まだまだ謎な部分が多い。

 

そして無秩序な男の魔の手が、美女・ミロを襲う…!

 

 

スポンサーリンク

revisions(リヴィジョンズ) 4話 あらすじ

4話 「第1次帰還計画」

 

渋谷臨時政府の総理・牟田(むた)は、敵であるリヴィジョンズの提案に乗ることを発表する。

リヴィジョンズの条件通り、パペットを引き渡すことになってしまうが、大介たちは当然受け入れられず、行動を起こすこととなる。

 

 

相変わらずの大介さんカッケーっす!

リヴィジョンズとの交渉で家に帰れると安心する人々たちに反し、リヴィジョンズは敵だと主張する大介。

平常運転で安心するわ!

 

 

声優からして大物の予感がするリヴィジョンズ

リヴィジョンズの危険性を講義する大介だが、民衆には受け入れてもらえない。

大介はむしゃくしゃしている中、道端に転がっているぬいぐるみを蹴り飛ばしたら、突然喋りだし、自らを『ニコラス・サトウ』リヴィジョンズと名乗るが。

 

見た目はぬいぐるみ、中身はリヴィジョンズ、声優は『大塚 芳忠(おおつか ほうちゅう)』さん。

この気迫、まさに敵の幹部クラス…!

 

そしてニコラス・サトウの誘導尋問を受けて、アーヴの担当者である『ミロ』の名前を敵に教えてしまう大介。

大介は脳筋だからね、仕方ないね。

 

スポンサーリンク

ミロの難しい説明

組織・アーヴのバランサーは生まれつき量子脳を持っており、量子脳を用いて時間跳躍が可能。(ミロもその内の一人)

リヴィジョンズは量子脳をもっていないので、人工的に作り上げた量子脳を用いて、時間跳躍を可能とさせた。

 

リヴィジョンズは人工的に作り上げた量子脳を用いて、現在の状況を作り上げている。

よって敵の量子脳を破壊すれば渋谷の街は元に戻る、というのがアーヴの見解。

 

つまりリヴィジョンズをせん滅すれば元に戻るかもしれない、ってことでいいのかな?

 

 

リヴィジョンズの目的とは

リヴィジョンズのチハルを、量子脳を持った生身の体に生まれ変わらせることが目的。

パンデミック以前の人類を材料として使おうとしている。

(帰還させずに残す人々?)

 

 

少し楽しんでもいいよなぁ(ニチャア)

リヴィジョンズとの交渉でミロを相手に引き渡すことが決定。

 

そして

どうせ引き渡すんだから少しくらい…

とナニかを楽しむために、ジッパーを下ろす男。

 

一体ナニを楽しみたいんですかねぇ…。

 

スポンサーリンク

ついに大介がヒーローに

人々を渋谷に帰還させるという話は、結局はリヴィジョンズのなんらかの思惑。

渋谷臨時政府の総理・牟田が、自分が帰りたいためだけに承認した、ということで大介たちは反発。

リヴィジョンズとの交渉は決裂して、パペットを取り返し応戦することに。

 

かなりの人数がリヴィジョンズに連れ去られるも、なんとかリヴィジョンズを撃退する大介たち。

お陰で助かったと大介たちに感謝する人々。

 

ん?この感謝してる人々は、大介たちが介入しなければ無事に元の渋谷へ元に戻れたのでは…?

と個人的にはよく分からなかったですが、大介くんがヒーロー扱いされてめっちゃ喜んでいたのでよしとしましょう!

 

「人々の支持もない勝手な行動は暴力だ」

と大介に超正論を言っていた、大介の叔父も連れ去られてるけどな!

 

正論が負け、暴論がまかり通るリヴィジョンズの世界。

うーん非常にリアリティがあるアニメですね!

 

スポンサーリンク

感想まとめ

以上、アニメ・revisions(リヴィジョンズ)・4話の感想でした。

 

説明が多かった今回ですが、リヴィジョンズの目的も大まかに判明したことで、次回からはリヴィジョンズせん滅に向けて動き出すかな?

コメント