【アニメ・感想】「上野さんは不器用 4話」タイツ好き、歓喜

相変わらず通常運転の田中と、マニアックな上野さん。

タイツ好きもニッコリやね!

 

 

スポンサーリンク

上野さんは不器用 4話 あらすじ

上野さんは不器用 第4話

 

実験その7「ウエノ」13号

田中がいつも通り理科室を訪れると、明らかにロボットである上野さんが出迎える。

いつもと変わらず通常運転の田中に対して上野さんがしびれを切らし…。

 

実験その8「サモンスタット」

「犬がかわいい、ペットが飼いたい」

と話す田中に上野さんが取りだした道具は、あらゆる物質をペット化する装置。

そして上野さんはおもむろに自身のタイツを脱ぎだして…。

 

 

上野ロボットをスルーするいつもの田中

素で気付かないのか、ワザとなのか、いつも通り上野ロボットに接する田中。

上野ロボットにインプットされた乙女力が暴走し、田中に膝枕を要求。

そして何かを口走ろうとする上野ロボットを慌てて引き留める上野さん。

 

上野さんはいつも通り、ズレた発明と行動により田中との距離が縮まらない。

膝枕でナデナデされてドキドキしちゃう上野さんもいつか見てみたいですね…。

 

 

超マニアックなペット

あらゆるものをペットに出来るサモンスタットを利用して、自身の脱ぎたてタイツをペットにする上野さん。

 

相変わらずタイツ愛があるアニメ。

嫌いじゃない。

しかしそこが人に薦められない理由でもある。

 

一人でニヤニヤしながらみるアニメだね!

 

 

スポンサーリンク

まとめ

以上、アニメ・上野さんは不器用4話の感想でした。

 

タイツのペット・タモン、元の素材はアレだけどカワイイ!

タモンなら人目につくグッズにしても安心だね!

元ネタを知ってる人には「あっ…(察し)」と軽蔑されそうだけど。

 

コメント