【八十亀ちゃんかんさつにっき 11話 感想】名古屋の夏は涼しくにゃあ!【アニメ感想】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

2019年春アニメ

「八十亀ちゃんかんさつにっき」

 

八十亀ちゃんかんさつにっきの11話は、名古屋の夏の恐ろしさについて!

 

そして名古屋の夏の魅力についても…と思ったけど、不評っぽいし魅力ではないか。

 

スポンサーリンク

アニメ 八十亀ちゃんかんさつにっき 11話 あらすじ

第11話「涼しくにゃあ」

 

季節は夏、外を歩いていた陣は暑過ぎて意識を失ってしまう。

陣が目を覚ますと傍には八十亀ちゃんと只草がおり、名古屋の夏の脅威と魅力について理解させられる。

 

スポンサーリンク

 

名古屋の夏は地獄

 

6月なのに暑すぎると感じた陣は、気付いたら地下に。

そして傍には八十亀ちゃんと只草の姿。

もしかして運んでくれたんですか!?

 

夏に名古屋の地上を歩くのはまずいって…ホラー感ありすぎでしょ。

まぁ名古屋だけじゃなく、東京も変わらない暑さだと思いますけどね。

実際比較してみると違うのかな。

 

 

と思ってたら詳しく解説してくれる只草。

あーたしかにそういうことなら、東京より名古屋のほうが暑そう…。

ちな沖縄はフェーン現象が起きないから涼しいらしい、へぇー!

 

 

と、突然倒れこむ只草。

最近寝不足で…というその理由は、明日が楽しみ過ぎてとのこと。

まぁきっと八十亀ちゃん絡みですね。

 

スポンサーリンク

 

名古屋襟、妄想が膨らむぜ…

衣替えが楽しみ過ぎて寝不足の只草。

明日になればわかる、と只草にいわれた陣。

 

当日になって衣替えした八十亀ちゃんを見てその理由を理解…できなかった!

 

 

正直違いがわかんねぇ!

 

只草曰く

「大きくて胸の下まで切り込みがある、通称・名古屋襟」

がいいとのこと。

 

尚、作中で陣も只草も言っていた通り、現実でもダサいと評判の模様。

 

『名古屋襟』とグーグルの検索窓に入力しただけで

『名古屋襟 ダサい』と予測変換が出てきちゃったぜ…。

 

しかし胸の下まで切り込みがあるってことは…胸の大きい人が着たら大変なことになっちゃうんじゃないか!?

 

と、本編はここで終わり。

CMをぼーっと見てたら八十亀ちゃんがいってたけど、ついに来週は『アレ』のCMが流れるらしい。

 

えぇ何なの…ちょっと怖いわ。

 

スポンサーリンク

 

アニメ 八十亀ちゃんかんさつにっき 11話 感想まとめ

 

以上、アニメ 八十亀ちゃんかんさつにっき 11話の感想でした。

 

つまり、名古屋に遊びにいくなら夏以外がイイということだな!

まぁ名古屋襟というのも見てみたい気がするけども、ダサいとの評判なのかぁ…。

名古屋の女学生たちはかわいそうやね…。

 

スポンサーリンク

 

『八十亀ちゃんかんさつにっき』の原作コミックス情報

『八十亀ちゃんかんさつにっき』の原作漫画は「月刊ComicREX」で連載中です。

 

コミックスは2019年6月時点で6巻まで発売中。

(戸松遥さんが歌うアニメ主題歌『DELUXE DELUXE HAPPY』のCDが付属する特装版もあり)

 

2019年6月18日現在、Amazon Primeに加入している方は『kindle(Amazonの電子書籍)』にてコミックス1巻が無料で読めます。

 

 

『八十亀ちゃんかんさつにっき』の主題歌「DELUXE DELUXE HAPPY(歌:戸松遥)」が配信中!

戸松 遥 / DELUXE DELUXE HAPPY(Short Ver.)
主題歌:DELUXE DELUXE HAPPY (デラデラハッピー)
歌手:戸松遥

 

主題歌は作中ヒロイン・八十亀最中の声も演じられている戸松遥さんが歌う『DELUXE DELUXE HAPPY (デラデラハッピー)』

 

DELUXE DELUXE HAPPYが収録されたCDは、2019年5月27日に発売されるコミックス『八十亀ちゃんかんさつにっき 6巻(特装版)』に付属されています。

 

デジタル版の配信も2019年5月27日にスタート!

コメント