【この音とまれ! 11話 感想】逆境をバネに自分を高めた明瞭高校の桐生桜介、強い(確信)【アニメ感想】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

 

2019年春アニメ

「この音とまれ!」

 

この音とまれ!の11話は、合宿は順調に終わり大会がスタート!

フワフワした軽い感じの桐生桜介が所属する明瞭高校、これは強い(確信)

 

スポンサーリンク

アニメ この音とまれ! 11話 あらすじ

第11話「探してた音」

 

顧問の滝浪先生のアドバイスを自己流で解釈し、うまく音を合わせられるようになった愛(ちか)。

合宿最後に全員での通し演奏もうまくいき順調。

練習の日々を重ね、ついに大会当日がやってくる。

 

最初の演奏は以前にも挨拶した明瞭高校。

全国上位ともなった明瞭高校の圧倒的な演奏を聴いて、愛たちは驚愕する。

 

スポンサーリンク

 

滝浪先生、意外と頼りになる?

出典:©アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

合宿中、うまく弾けない部分があると顧問の滝浪先生を頼る愛。
滝浪先生は愛をあしらう為にいい加減なアドバイスをするが、愛は滝浪先生を疑わずにアドバイスを本気で受け入れてしまう。

 

前回の光太へのアドバイスのこともあり、愛(ちか)に頼られた滝浪先生は相変わらずの無気力。

滝浪先生は倉田の顔を見て?「仲間を信じろ」とテキトーすぎるアドバイス。少年マンガかよ!

 

そして意気揚々と返事をしてしまう愛。

少年マンガかよ!

いやこれ少年マンガだったわ。

 

愛をうまくあしらった滝浪先生は

「下手な奴とお前自身が下手になる、それでもいいのか」

と、さとわに居場所を問うも、さとわは反論。

 

さとわ「求めている音はきっとここにある、それと皆のこと舐めすぎ」

と、皆のことを信頼しているさとわ。

 

さとわの姿を見て、何かを思う滝浪先生。

こりゃ滝浪先生もさとわみたいに改心イベント来るか!?

 

一方、音がうまく噛み合わなかった愛と久遠は、相手の音を聞いてから反応するのではなく、相手を信じて自分のパートを弾く方法にチャレンジ。

結果、うまくいった模様…あれ?滝浪先生のアドバイスもムダじゃなかったなこれ。

 

スポンサーリンク

 

皆本当に楽しそうだなぁ

出典:©アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

曲想について悩むさとわ。
さとわは思い切って皆に聞いてみることに。

 

風のように時をかけ願う、といった曲だが、いまいち曲想が理解できないさとわ。

 

しかし光太の「ずっとこの楽しい時間が続けばいいのに」との発言から、さとわは何か気付いた様子?

やっぱ一人で悩むよりも、周りに相談することは大切よね。

意外なところから気付けることもあるしね!

 

合宿の最後に通しで合わせて弾いてみる一同。

光太の頭を撫でて「大丈夫」と声をかける来栖。

 

ナチュラルに相手の体を触るって、お、もしかしてそういう関係か?

と思ったけど、どちらかというと…お姉ちゃんと弟みたいだなこれは。

 

光太の重要な部分、裏箔で入るところもうまく出来た模様、やったぜ!

 

さとわもいい表情してるし、あらためて倉田に感謝された来栖も照れつつも喜んでいる様子。

倉田と来栖、最初はいがみ合ってたのにいい雰囲気じゃねーか…。

 

合宿も終わり学校に到着した一行。

疲れてるだろうからと部長である倉田が解散しようとするも、練習していく一行。

やる気すげーなぁ、楽しいことを部活でやると、こんな感じなのかな。

僕は一刻も早くおうちに帰ってゴロゴロしたいタイプなので理解できないですね…。

 

滝浪先生は帰った模様、素直でよろしい!

しかし去り際に一瞬いい表情をしちゃう滝浪先生、青春の光浴びちゃってるぜ…。

 

スポンサーリンク

 

大会スタート!

出典:©アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

一足先に部室に着いた愛とさとわ。
楽しそうに箏のことを考えるさとわを見て、楽しそうだと愛が告げる。

 

最初の頃とは打って変わって楽しそうに箏のことを語るさとわ。

正面から自分のことを言われて動揺したさとわは、つまづいて転びそうになるも愛(ちか)がキャッチ。

 

チッこいつらもいい関係かよ…!

やはり男女が集まるとこうなってしまう運命なのね。

 

練習を重ねてついに大会の当日。

明陵高校の桐生 桜介(きりゅう おうすけ)や、姫坂女学院の凰(おおとり) かずさに絡まれながらも大会がスタート。

 

最初は明瞭高校の演奏から。

明瞭高校の桜介は軽い口調でフワフワしてる感じだけど、演奏中のこのマジな表情…侮れないな!

 

明瞭高校は15人くらい?による合奏。

いやしかしこの流れるようなメロディは…これほんとに合奏か!?

ずっと一人が弾いてるような滑らかさだ。

 

出典:©アミュー/集英社・この音とまれ!製作委員会

 

そして始まる桜介のソロパート、と同時に始まった桜介の過去回想。

 

生まれつき体が弱かった桜介は、友達と一緒に遊べず距離を置かれてしまっていた小学生時代。

しかし隣に引っ越してきた朝乃(あさの)に誘われ、半ば強引に箏を始めた模様。

桜介のせいで朝乃がイジめられるからと、周りの人間を見て観察眼を磨き、人の音が聞こえるようになったという桜介。

 

ということで、人の音を吸収してうまくなっていく桜介。

しかしその理由は人が好きだからという美しい理由ではなく、また一人になりたくないからというドス黒い理由。

 

逆境をバネにする人は強いからね…。

桜介の演奏は迫力だけでなく刺さるような鋭さもあり、愛たちも圧倒されてしまった模様。

 

さすがに愛たちもうまくなったとはいえ、これには勝てそうにありませんなぁ…。

 

スポンサーリンク

 

アニメ この音とまれ! 11話 感想まとめ

 

以上、アニメ この音とまれ! 11話の感想でした。

 

明瞭高校の演奏にはマジで圧倒されちゃいました。

あれが15人での合奏ってマジか…。

まぁアニメだからということもあるだろうけど、ちょっと箏を舐めてたわ!

 

まぁ愛たちは初大会だしね、結果は残せなくてもチャレンジすることが大切よ!

初心者の割合が多い愛たちじゃあまず勝ち目はないだろうし、学ぶだけ学べれば勝ちだな!

 

スポンサーリンク

 

『この音とまれ!』の原作コミックス情報

『この音とまれ!』の原作漫画は「ジャンプスクエア」で連載中です。

コミックスは2019年6月時点で20巻まで発売中!

 

 

『この音とまれ!』のオープニングテーマ「Tone」のCDが2019年4月10日に発売!

蒼井翔太「Tone」MUSIC VIDEO (short ver.)
OP曲:Tone
歌手:蒼井翔太

 

蒼井翔太さんが歌うオープニングテーマ「Tone」のCDが2019年4月10日に発売!

各サービスでの楽曲配信も行っています。

 

 

『この音とまれ!』のエンディングテーマ「Speechless」のCDが2019年5月8日に発売!

内田雄馬『Speechless』Short ver.
ED曲:Speechless
歌手:内田雄馬

 

内田雄馬さんが歌うオープニングテーマ「Speechless」のCDが2019年5月8日に発売!

 

デジタル版の配信もスタート!

 

『この音とまれ!』の作中で演奏された楽曲を集めたCD『この音とまれ! 時瀬高等学校箏曲部』が販売中!

 

『この音とまれ!』のブルーレイ&DVD情報

『この音とまれ!』のBlu-rayとDVDの1巻が2019年6月26日に発売予定!

 

2巻は2019年7月24日に発売

3巻は2019年8月21日に発売

4巻は2019年9月25日に発売予定です。

コメント