【アニメ・感想】「ドメスティックな彼女 1話」最初からクライマックスな大人向けラブコメ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年1月から放送がスタートしたアニメ

「ドメスティックな彼女」

 

最初のシーンから「エッ」と衝撃的なスタートを切りました。

 

スポンサーリンク

あらすじ

いきなりのベッドシーン

 

合コンで出会ったばかりの女の子・瑠衣(るい)と初体験を終えた主人公・夏生(なつお)

しかし夏生は同じ学校の先生である陽菜(ひな)に思いを寄せていることもあり、憂鬱な思いでいた。

 

ある日夏生が家に帰ると、妻を亡くした父の再婚話が進んでいることを明かされる。

更に相手の家族が今から挨拶に来るということで慌てる夏生、準備する間もなく家のチャイムが鳴り扉を開けると、父の再婚相手の姿が。

父の再婚相手の女性の傍には、女性の家族かと思われる二人の姿も。

そこには、夏生もよく見覚えのある二人の女性の顔があった。

 

W(ダブル)ヒロインがどっちもカワイイ!

衝撃的なシーンから始まり、ヒロインの女性二人と暮らすことになるというラブコメみたいな展開!

 

無愛想な『瑠衣(るい)』

CV:内田 真礼(うちだ まあや)さん

 

明るい性格の『陽菜(ひな)』

CV:日笠 陽子(ひかさ ようこ)さん

 

現段階ではヒロインのどちらも、主人公・夏生のことはそんなに気にかけていないようだが、はたしてこれからどうなるのか…。

 

作品タイトルである『ドメスティックな彼女』

ドメスティック(家庭的)な彼女ということで、夏生はヒロインのどちらかと恋人関係になる(かもしくは二人とも攻略してしまうか)ことを連想させ、よくあるようなお話かと思ってしまう印象。

ですが冒頭でなかなかのセクシーシーンもある大人向けのラブコメということで、二人が主人公を取り合うドロドロ展開の可能性も?

 

すでに一線を越えてしまっているクールな瑠衣…。

天真爛漫だけど少し闇を感じる、守ってあげたくなるような陽菜…。

 

どっちも嫌いじゃない!

 

脇役がいいキャラしてる!

主人公の親友的ポジションかと思われる

『文哉(ふみや)』CV:江口 拓也(えぐち たくや)さん

 

主人公・夏生は先生を好きであることもすでに知っていたり、出会ったばかりと女性と関係を持ってしまったことを夏生が相談するなど、夏生とはなかなか信頼のおける間柄の様子。

担当されている声優は、他アニメの『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』のアニメ主人公などでもお馴染みの江口拓也さんが演じており「イケメンじゃないけどイイやつ」な部分を感じられる!

あまり出番はなさそうだけど、主人公のことをメンタル面で支えてくれそうないい脇役キャラだと感じました。

 

まとめ

よく見るようなラブコメ展開ですが、大人向けのドロドロもありそうでなかなか面白そう。

 

主人公・夏生は今のところ先生・陽菜に気がありそうだけど、今後は瑠衣が挽回してくるのか…。

どちらのヒロインとくっつくのか気になる!

 

▼TVアニメ「ドメスティックな彼女」 PV第1弾

TVアニメ「ドメスティックな彼女」 PV第1弾

 

コメント