【アニメ・感想】「同居人はひざ、時々、頭のうえ。 1話」今期最高の癒しアニメか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

2019年1月から放送がスタートしたアニメ

「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」

 

おもしろいのか分からんけど、取りあえず録画予約しとくか…。

と軽い気持ちでしたが、1話を見てただの癒し系アニメじゃない面白さを確信しました!

 

スポンサーリンク

あらすじ

人付き合いが苦手、本が大好きな作家・朏 素晴(みかづき すばる)

両親を事故で亡くした朏は、お供え物のお刺身を用意していたところ、ノラ猫・ハルに出会う。

 

ハルのおかげで新たな作品のアイデアを思いついた素晴は、ハルを家に連れ帰り、ともに生活を始める。

不器用な青年と一匹の猫による癒し系ストーリー!

 

AパートとBパートで視点が違う、新しいやり口!

Aパート(CM前)では主人公・素晴の視点で、素晴と素晴を取り巻く人物たちを描いており、素晴がどういった人物なのか、どのような生活をしているかなど日常の風景がわかります。

そしてBパート(CM後)では同じ話を猫・ハルの視点で、ハルが素晴のことをどう思っているか、どう考えて行動しているかが描かれています。

 

Aパートでは何やかんやで倒れてしまった主人公・素晴を、猫・ハルが助けるという結末。

普通のアニメだったらここで終わって

「まぁいい雰囲気を演出したいほのぼのアニメかな?」

と思ってたけど、このアニメは違う!

 

CMが終わりBパート。

 

この猫……喋るぞ!

 

仏頂面な顔には似合わないカワイイ声で喋り出す猫・ハル。

そしてつい先ほど見たことある場面。

 

あれ、これAパートの話繰り返してるのか?

 

かつての問題作『ポプテピピック』を連想させるような造りのアニメと認識しました。

とはいえポプテピピックのようにAパートとBパートで声優さんが変わってるだけでなく、同じ話、同じ場面でもカットは異なり、キャラのセリフもハルがメインになります。

『同じ画でキャラのセリフが変わるだけ』

であれば飽きてしまう方もいるかと思いますが、このアニメはまったく飽きずに楽しめる!

 

ハルは素晴のことをどのように思っているのか、

ハルはどのようなことを考えて行動しているのか。

 

Aパートの主人公・素晴視点ではワケが分からなかったハルの行動も、Bパートのハル視点で改めて観ることによって

「あ、そういうことを考えてそういう行動をしたのね!」

と理解が深まりおもしろい!

 

猫・ハルが健気でカワイイ!

ハルはAパートではまったく喋らずにムスッとした表情だったので、なかなか気難しい猫なのかな、と思いましたがBパートを見て考えが一新!

 

…カワイイ。とにかくひたすらハルがカワイイ。

 

ハルの声優である山崎はるかさんの声がすごくマッチしている!

いざというときに主人公・素晴のことを想って行動する優しさもうまく表現されています。

 

ハルの過去シーンではちょっとウルッと来てしまいました。危ない危ない。

 

まとめ

「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」

1話で2度楽しめるアニメでなかなかおもしろい!

うちの猫もあんなこと考えてるのかなぁ…。と考えさせられてしまうアニメです。

とくに猫を飼ってる方にはすごく楽しめそう!

 

なんとなく女性向けの作品かな?とは思いますが、ぜひ男性にも見ていただきたいオススメ癒しアニメです。

 

▼TVアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」本PV

TVアニメ「同居人はひざ、時々、頭のうえ。」本PV

 

コメント